ピクシブ百科事典

ブラック本丸の編集履歴

2015-05-11 17:59:07 バージョン

ブラック本丸

ぶらっくほんまる

刀剣男士を省みない本丸。その過酷さは時として現実を超える。

概要

歴史修正主義者と昼夜を問わず、戦い続ける刀剣男士たち。
切った張ったが刀の本懐。
……と言ってしまえばそれまでだが、絶えず命のやり取りを伴う任務はやはり過酷だ。
如何な付喪神と言えど攻撃を受ければ怪我もするし、戦いが長引けば疲れもたまる。
大抵の審神者であったら、そんな彼らをすかさず労うだろう。
打粉でぽんぽんしたりほのぼの癒したり(むしろこちらが癒されるが)するのも一興である。

しかし現実は甘くなかった

界隈では、レべリングのために高レベル薙刀随伴で「薙刀以外が全て赤疲労表示でも目標レベルに達するまで延々とマップ周回」したり、真剣必殺グラフィックないしは破壊ボイス回収のための中傷・重傷での進軍が多発。
傷を癒す間もなく戦場へ駆り出され、そのまま破壊されてしまう刀剣も多い。
またこんな刀あんな刀を手に入れんがため、いわゆる5-3、5-4周回を繰り返し、気がついたら一本いなくなっていた……という事態まで。
カンストすればいいというわけではないのだ。
最近では検非違使の出現によりレベルが揃ってないため簡単に中傷・重傷になり、気づいたら一日中刀剣男士が手入れ部屋に入ってたり直す資材が足りなくなるという事態もでるようになった。
特にスロットが1しかない短刀は犠牲になりやすい。気をつけよう。
慢心、ダメ、絶対
最近では検非違使を効率よく狩るために、弱体化するレベル30未満を超えたら刀解する前提で刀剣男士たちを育成する人もいる。

転じて二次創作での扱い

主に上記のように手入れを怠る、無謀な出撃を繰り返す以外にも
刀剣男士たちへの身体的・精神的暴力
見目の良さ故に審神者が夜伽を命じる
一振りの刀を手に入れるため、古参・新参関係なく刀解
などの様々な脚色が加えられることが多い模様。
まさしくブラック企業も真っ青な勤務待遇である。

されど刀剣男士たちも元を返せば付喪神。
表面上従っているだけで、横暴を繰り返せばいつか祟られるかもしれない……。
小説など扱われる際にはでは新米審神者が前任者のせいでブラック化した本丸に赴任させられ、そこで人間不信に陥った刀剣男士たちと対話などの交流を通し、信頼を勝ち得ていき最終的に本丸を立ち直させるといったものが多い。この場合、ブラック化させた前任者は政府に逮捕されるか刀剣男士たちに殺されていることが多く、その後主人公が赴任する前に何人も返り討ちにされた高レベルやレア刀剣の揃った曰くつきと化した本丸に丸腰や初期刀のみの状態で放りこまれることが多い。
夢小説・オリキャラ・能力持ちなどの要素がある作品が多いため閲覧する場合は注意が必要である。

派生

必ずしもこのタグがカバーする範囲ではないが、刀剣男士が審神者をいじめる、審神者の上司が過酷なノルマを課した結果本丸がブラック化する、といった審神者の方にブラックな本丸の描写も存在する。前任者の横暴や怠慢が原因でそうなっていて、誰が悪いとも言い切れない複雑な状況に陥った作品も少なくない。
刀剣男士もまた人(刀工)の子、業は深い

注意

上記にあるような、刀剣男士が審神者をいじめる、あるいは審神者がそれに対し物理的に反撃する…といった内容の二次創作は、扱いを間違えるとキャラヘイト・ヘイト創作になってしまう。
もし小説などで扱う場合は、本文中で早めにフォローする、キャプションで苦手な人に回避を呼びかける、棲み分けタグをつけるといった注意が必要になる。
 →特殊嗜好 :キャラヘイト ヘイト創作 嫌われ

関連タグ

刀剣乱舞 刀剣男士 ブラック鎮守府
今日も本丸は平和です……ある種の対極にある本丸