ピクシブ百科事典

火々里綾火の編集履歴

2015-06-28 14:44:58 バージョン

火々里綾火

かがりあやか

火々里綾火とは、「ウィッチクラフトワークス」のヒロイン。

概要

CV:瀬戸麻沙美

主人公の多華宮仄と同じ冬月高校に通う容姿端麗で才色兼備と絶大な人気を持つ美少女。成績優秀で運動神経抜群と学園のマドンナ的存在で全生徒から「姫様」と呼ばれ慕われており、火々里親衛隊まで存在する。非常にクールで常に無表情で寡黙。仄より頭一つ分以上は背が高い。

その正体は、炎の魔女・ファイアースターター(発火術師)と呼ばれる工房の魔女の一員である。炎関連の魔法を得意とし、炎で怪物の具現化もできる。さらに腕力や力技も強く、魔女相手に魔法を使わず容易くねじ伏せることもできる。中学の時に巨大な使い魔を素手で倒す訓練を乙女橘りのんとともに受けており、ドアノブや手錠を素手で軽く破壊できるくらいの腕力を備えている。虎を素手で倒して有名になったりのんとは中学の時には良く理由もなく一日中殴り合っていた仲だったが、現在では体格も全く違い、蹴り一撃で沈めてしまう。

実は以前よりずっと仄を陰ながら護衛しており、仄は気付いていなかったが登校時間とクラスが同じで、席も隣で日直がいつも一緒などいつも傍にいた。正体をさらして以降、積極的に仄の生活に干渉するようになり、現在は多華宮家に居候している。そのため、家にいる時と休日の護衛をしている仄の妹のからは敵視されている。小6の頃の多華宮仄との交流の記憶は消されているが、仄を護るという使命だけは覚えている。

仄を非常に溺愛しており、甘やかしたり過保護に接しているが、仄を傷つける者には容赦なく怒り攻撃する。彼女は「多華宮くんは私のお姫様だから」と言うわけで、彼を逆お姫様だっこをすることが多い。

仄を主人とする騎士の契約により、無限の魔力が供給されているほか、仄に対するダメージを自分で肩代わりする代わりに自らへのダメージを完全無効化するため、作中では無敵に近い活躍を見せる。
また、供給される魔力量によって魔女としての形態が変化していく。魔力の供給量は仄との絆の強さと距離に比例するため、想いが強ければ強いほどその力は強力なものとなる。

『心の炉に絆をくべな。想いは伝えて意味を成すのよ』-エヴァーミリオン-

なお、形態変化には段階があり、体に現れる星のような印の数やなどで判断が出来る。

  • 1~3段階
 特に見た目に変化はない。
  • 4~9段階
 全身が炎に包まれる状態。
  • 10段階以上
 髪の毛の色が白くなり、服装が制服から独自のものへと変化する。
 特に高い段階になると王冠を被りドレスを着ているなど、白姫に近い姿になる。

あまり描写されることは少ないが右わき腹から左わき腹にかけて斜めに大きな傷痕があり、一部の魔女形態になったときなどに見切れているほか、中学生時代には仄を発見した際に傷が疼いたりしている。

関連タグ

ウィッチクラフトワークス 多華宮仄 多華宮霞
魔女 魔法少女 魔法(物理) 素直クール クールビューティー