ピクシブ百科事典

アサマの編集履歴

2015-08-07 01:38:58 バージョン

アサマ

あさま

ゲーム「ファイアーエムブレムif」の登場人物。

CV:浜田賢二

概要

白夜王国第1王女・ヒノカの臣下。同僚にセツナがいる。
小さな神社の次男として生まれた神官であり、臣下となる前は各地の霊山を巡って僧侶の修行をしていた。

人当たりがよく温厚な性格で、聖職者の鑑のような人物。
その一方で毒舌家の類があり、味方に対しても敵に対しても割と容赦ない発言をする事も。
マイキャッスルでも結構(嫌な意味で)心に来る発言が聞ける。
幼い頃は手の付けられない悪態つきのやんちゃ坊主だったらしく、修行を重ねて僧侶らしい穏やかな一面を持つようになったという。

ヒノカの臣下になった経緯は彼女が山で遭難した際に遭遇し、手当てをし見返りを求めず名も名乗らずに立ち去ったことから、アサマが聡明かつ高尚な僧侶と思い込んだヒノカがアサマを探し出し臣下にした。しかし、ヒノカの理想像は臣下にした第一声で見事に崩れ去った。
アサマが遭難したヒノカを救出した理由は、そのときのヒノカの生にすがりつこうとする強い意志と激しい怒りの形相が魅力的に見え、ヒノカのこれからの生き様に興味を持ったからである。アサマ本人としては、ヒノカの臣下になってよかったと思っており、主君として慕っている。

軍の中で一番、泣いたことがない。人はいつか死ぬものと味方の死にも達観した考えを持っている。

結婚すると娘のミタマが生まれる。

ユニット性能

初期クラスは修験者。パラレルプルフで薬商人になれる。
過去作で言う僧侶に当たる職種であり、職種の男女差がなくなった本作においては数少ない男性専用職となっている。

能力の傾向は回復役らしく魔力中心…と思いきや力が物凄い勢いで伸びる。嘘偽りなく生半可な攻撃型の職持ちより伸びる。そのため、上級職は呪(魔法)を武器とする陰陽師よりも薙刀を操る山伏や、総じて威力の高い弓が扱える大商人や絡繰師の方が向いていたりする。
一方で魔力の上昇は中途半端であり、回復効果の上昇はあまり期待できない。
ちなみに、味方になる白夜編、透魔編共に初期ステータス、成長率共に力>魔力、守備>魔防、という破戒僧。(リンカとの支援会話では開口一番破戒僧呼ばわりされている)

ただやはり元が回復専門職なので、とにかくクラスチェンジまでは杖を振り続けなければいけないのが難儀。早めにレベルを上げて攻撃役にしてしまいたいところ。
回復役に火力を求めると言うのはどこかおかしいような気がするが。

固有スキルは、武器を装備せず(杖はOK)隣接する敵から攻撃を受けたとき、ダメージの半分を敵にも与える「天罰」。回復役が敵と隣接することなど極力避けなければならないため、あまり役に立つスキルではない。が、アサマ自身のHP・守備の成長は回復役としては結構な高さであるため、育成が進んである程度生存率が高くなるとそれなりに使えるかもしれない。
ちなみに山伏では「魔法カウンター」を習得でき、魔法攻撃で受けたダメージを相手にも与えられるため、天罰と相まって敵としては結構攻めにくく、何かしらの方法でカウンター(修羅で習得)を覚えると余計手が出しにくくなる。

暗夜王国編で敵として出てくるときは「最大HP半減(その章ずっと)」という非常に凶悪な祓串を使ってくるため、印象に残ったプレイヤーも多いだろう。

ちなみに名を冠した祓串に「アサマの捻れ祓串」がある。
HP30回復と効果は破格なのだが、何と使用上限は1回である。捻くれすぎにも程がある。

関連項目

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレムif 白夜王国 ヒノカ セツナ ミタマ