ピクシブ百科事典

ルン・エルシ・ジュエリアの編集履歴

2015-09-30 22:44:26 バージョン

ルン・エルシ・ジュエリア

るんえるしじゅえりあ

ルン・エルシ・ジュエリアとは、「ToLOVEる」の登場キャラクター。

プロフィール

誕生日2月28日
身長158(レンより10センチマイナス)
体重49キロ(レンより16キロマイナス)
スリーサイズ83・55・83(レンより+-0・-10・+6)
血液型A型
特技歌・お芝居
好きなもの銀河通販・歌・スイーツ
苦手なもの校長
CV大浦冬華


概要

作者が今までなかったからという理由で消去法で腹黒にされてしまったキャラ。
おそらくララ・サタリン・デビルークと違いフルネームを知っている人はほとんどいない。(というより、「ダークネス」で金色の闇が言うまで誰も言ってなかった)

男女両方の人格を持つメモルゼ星人という宇宙人の王族でララの幼馴染である。
地球の環境に敏感で、くしゃみをするとレン(男)の人格に入れ替わってしまう。
幼い頃にララにひどい目に遭わされた(ララ本人は遊びのつもり)せいでララを憎んでいる(ただしモドリスカンクの一件でララに助けられた際は心の中で反省したりと心底から嫌っているわけではない様子)。
そのため天条院沙姫と共にララに復讐する描写が多かった。だが復讐しようとしても大体は空回りして自身がひどい目に遭うことも。

ララのみならず基本的にリト、親友である恭子以外にはあまり心を開いているキャラはおらずオキワナ星でしばらくララ達と漂流生活を送った際も一人だけやや非協力的だったりと総じてヒロインの中でもわりかし取っ付きにくい性格をしている。

だがその一方で、モドリスカンクを逃がしたことで学校中の生徒たちが幼児化してしまった時や初対面時の恭子に一方的に敵対心を持った際、彼女の性格の良さを知って罪悪感を感じたりと自分の間違いや過ちに気づいた際は素直に反省するなど、根は良い子なのである。

作中で唯一結城リトと(ただし三次成長期を迎える前にレン状態で)キスの経験があるキャラで、それがきっかけでリトに一目ぼれする。

元々は彩南高校の生徒ではなかったが、校長に新曲を目の前で歌ってあげたら一発OKで生徒と認めてもらえたらしい。
103話でアイドルにスカウトされ「RUN」名義でデビューする。霧崎恭子とも仲が良い。
「マジカルキョーコ」においては敵役ブルーメタリアとして出演しているがこの時の衣装がかなりエロい

しかし、他に濃いキャラが多いのと芸能活動を兼ねて忙しくなったせいで終盤はやや出番が控えめだった。
OVAでも男人格を持っているせいで(作中ではグラビア撮影の仕事という理由だが)女性のみが入れる南の島に行けなかった。
まさにハブラレルンな扱いである。

TVアニメ版第1期では別人レベルと言っていいくらいキャラが改変されていた。

続編『ダークネス』第9話でついにレン共々久しぶりの主役回が与えられ、メモルゼ星人特有の三次成長期を迎えたことにより男人格のレンと分離した。また、以前に比べて腹黒い一面を見せることは少なくなった。なお以前通販で購入したモドリスカンクは送り返すのもかわいそうという理由で『モドリン』と名付けてペットにしている様子。

PSvita版ゲーム「To LOVEる-とらぶる- ダークネス バトルエクスタシー」では発売時点でリトとフラグが立っていたキャラはほぼ全員登場したにも関わらずルンだけは全く登場しなかった

しかし2015年11月発売予定の「To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス」では攻略対象ヒロインとして登場する。

関連タグ

ToLOVEる ToLOVEるダークネス レン・エルシ・ジュエリア