ピクシブ百科事典

グレイガの編集履歴

2015-10-01 16:14:26 バージョン

グレイガ

でんのうじゅうぐれいが

ロックマンエグゼ6でのラスボス、アニメロックマンエグゼbeastでも重要な役割を担っている。

概要

ロックマンエグゼシリーズでのインターネット創世期に大量に発生したバグの集合体で、同じくバグの集合体として誕生したゴスペルのようにライオンのようなタテガミを持ち狼を模した姿をしている。
牙と爪を武器としており普通のナビならひとたまりもない。またゴスペルと異なり猛獣のように俊敏に動き回る。
プロトの反乱により壊滅状態となった才葉シティのネットワークにかなりの被害を出し、当時の技術では太刀打ちできないほどだったが、これに対抗すべく誕生したのがケイン市長の祖父が生み出した鳥型の電脳獣ファルザーであった。
しかし、ファルザーが制御を離れ暴走するという予想外の出来事が起こりさらに被害が拡大してしまうが、戦闘中に二体とも睨み合ったまま動かなくなり、その隙にエリアごとセントラルエリアのこの戦いでできた穴「アンダーグラウンド」にファルザーと共に封じ込められた。(この一件でケインの祖父は「悪魔」と罵られるようになり、社会的地位も失ってしまう。)

WWW(ワールドスリー)首領の科学者ドクター・ワイリーは、これに目を付けチロルサーカスマンを使い電脳獣復活のエネルギーを集めグレイガとファルザーの怨念を復活させ、捕獲しようとした。最終的にファルザーは捕獲に成功したがその直後にグレイガに反撃され撤退する。この後グレイガはロックマンが自らの体に封印、この結果ロックマンにグレイガの力が宿った。その後もロックマンの封じ込めたグレイガの力を狙い最終的に強化されたブラストマンダイブマンをぶつけ消耗したところをサーカスマンに囚われた後完全にロックマンを支配した。
その後ロックマンから解き放たれ、エレメントマンが奪ったフォースプログラムを積んだ巨大コピーロイドでファルザーと共に完全に復活、その雄叫びは全ネットワークに影響が出る程だった。
その後コピーロイドにプラグインしたロックマンに倒されたが、最後の手段で消耗したロックマンの体を乗っ取り、カーネルアイリスに襲い掛かったが融合した2人に本体を抜き出されて倒された。(この後コピーロイドに搭載されたフォースプログラムが爆発し、才葉シティは甚大な被害を受けた)

他媒体でのグレイガ


アニメ「ロックマンエグゼbeast」では設定が異なり、ビヨンダートという異世界でファルザーと戦いを繰り広げている。
電脳獣配下のナビはゾアノロイドと呼ばれていて、それぞれ所属する勢力の電脳獣の力を引き出すことができる。
第1話「ビヨンダート」で現実世界に半実体化し街を破壊しながら登場し、電気エネルギーを得て実体化しファルザーと現実世界と電脳世界で戦うが突然消えた。
終盤でファルザーに勝ちファルザーを吸収、超電脳獣グレイザーとなりビヨンダートから現実世界で大暴れしたが、クロスビーストロックマンに倒された

漫画版では、完全に復活していないとはいえその力は強大で、その力の余波でアンダーグラウンドをジャングルのようなエリアに変えていた。また、ロックマンはその力を半分だけ吸収して発動させたグレイガビーストでネビュラグレイを倒している。
その後グレイザーに融合し現実世界を電脳化し、消滅させようとするがロックマンに阻止された。

余談

  • 人工物であるファルザーと違い、天然物(バグの集合体)であるためかアニメや漫画版で若干優遇されていた。
  • ゴスペルに似ているとよく言われているが、そもそも材料が同じバグであることから似た姿になったと考えられる。(実際、公式設定でバグの集合体は獣のような姿になると言われている)スタッフも「ゴスペルの完全体」をイメージで作ったと語っている。


関連項目

ロックマンエグゼ ロックマン ファルザー グレイザー カーネル アイリス