ピクシブ百科事典

ムジカ・ピッコリーノの編集履歴

2016-03-19 14:33:18 バージョン

ムジカ・ピッコリーノ

むじかぴっこりーの

2013年4月から開始したNHKEテレ内の音楽教養番組。

ムジカ・ピッコリーノ〈Musica Pikkorino〉
(むじか・ぴっこりーの)

ムジカ・ピッコリーノ ウィンタースペシャル


2013年4月から開始したNHKEテレの音楽教養番組。
スチームパンク的な「ムジカ・モンド」という架空の世界で、忘れ去られた「ムジカ(音楽)」が「モンストロ(ロボット)」になりさまよっている。モンストロを救出するため「ピッコリーノ号」の乗組員の活躍を描く。

2013年4月~9月に第1シーズンが放送。下半期は再放送。2014年4月~第3シーズンが放送。

番組構成

特別回を除き、毎回の構成は決まっている。

導入部→モンストロ発見→本来のテーマから少し遠いテーマのイメージ映像→手がかりを発見→本来のテーマに近いイメージ映像→ピッコリーノ号・メロトロン号の乗組員による演奏→原曲の演奏とイラストによる曲紹介(第3期ではイラストが廃止)→エンディング

クラシック曲のみならず、J-POP歌謡曲、民族音楽など幅広い分野がテーマとなる。

登場人物

〈ピッコリーノ号の乗組員〉
第1期・第2期から登場。

主人公。モンストロを治療するムジカ・ドクター。ピッコリーノ号での生活はあまり良くないかムジカ・ドクターの腕は確か。口癖は「マルコポーロ」。3期でレギュラーを外れてしまったが第3期6話「スライド」でピリオド・モンストロ「トロンボ」をメロトロン号の皆と協力して修理した


今作のヒロイン。ムジカ・ムンドにある村に住んでいたが、モンストロを治療するために降り立ったドットーレ達と出会い、ムジカ・ドクターになる為に強引に仲間入りした。
3期までの唯一のレギュラー。

ドットーレの助手を務めている少年。年少だがのムジカ・ドクターの見習い。

ピッコリーノ号の操舵士。

  • ローリー司令官 (ROLLY) <楽器:ギター>
ムジカ・アカデミーの学園長。ピッコリーノ号のメンバーの上司にあたる。アリーナの存在を知ってすぐに下船させるべきと厳しい態度を取っているものも、ドッドーレにムジカ・ムンドの歴史を学ばせるように促したりとサポートし、第1期23話「リズム・リズム・リズム」でレプリカのモンストロを使っての試験でアリーナの功績を認め、ムジカ・アカデミーの入学を許可した。
「おじさん」と言うとギターをかき鳴らしながらキレる。

連絡官。ローリー司令官と常に行動している。冷静沈着で表情も変えないが、気付かれないようローリー司令官の真似をするお茶目な面も。

  • ビアンカ (谷内里早) <楽器:ヴァイオリン>
第2期から登場。アリーナの同級生であり親友。たまに現れてモンストロの修理を協力してくれる。正体は秘密結社「ガルディアーノ」のメンバーの一人。


第3期から登場

<メロトロン号の乗組員>

メロトロン号の船長であり3期からの主人公。様々なモンストロを治療してきた凄腕のムジカ・ドクターで、ピリオドモンストロの発掘を「男のロマン」と称し熱を注いでいる。

  • エリオット (助手) (戸松恵哉) <楽器:鍵盤楽器>
リヒャルト船長の助手を務めている少年。助手の仕事以外にもモンストロスキャナーでピリオド・モンストロの解析を仕事をしている。ローリー司令官の一人息子。

  • ポン・ジョルノ (ASA-CHANG) <楽器:打楽器>
メロトロン号のパイロットで、ピリオドモンストロの発掘を担当している。

その他

(編集中)

その他

ムジカ・ムンドに存在する音楽の記憶装置。リンク詳細。

  • ピリオド・モンストロ
第3期から登場。楽器の記憶装置。

関連タグ

音楽ファンタジーゆめ クインテット