ピクシブ百科事典

オナニーの編集履歴

2016-03-31 09:48:50 バージョン

オナニー

おなにー

自慰行為。 ―「擦るだけで満足できて、しかも金もかからない。こんなによいことは他にない。食欲もこんなふうに簡単に満たされたらよいのに。」(ディオゲネス)

概要

  1. 人間の根源的な欲求である性欲を満たす行為のひとつ。ひとりエッチ
  2. 転じて「自分だけが充足感を得る行為」、つまり「自己満足」や「身勝手な行為」を指す比喩としても用いられる。

ここでは主な意味である物理的な自慰行為について説明する。

身体との関連性

そもそも

オナニーは「しないと不安になるから」とか「ストレスやプレッシャーなどのマイナスの感情から逃げたい」といった理由で行わない限りは、ごくごく普通の生理現象である。
(もしもそのような理由で頻繁にする場合は、お一人様だろうが性依存症の疑いがある。)
ゆえに多少しすぎたところで罪悪感を感じる必要はないはずなのだが、皆言わないので罪悪感を感じがちである。
ただし衛生のため事前に手は清潔にし、自宅の個室などのプライバシーの守られる場所で行うことが望ましい。

前立腺ガンの予防

年老いてくると陰茎が勃起しなくなる。これは危険であり、本来はオナニーを行うことによって前立腺の代謝が行われやすくなる。加えて、そこにこびりついている、精子に交じった老廃物も一緒に排泄することができる。しかし、それが不能状態になるとそれらの働きが困難になるのである。老人に前立腺ガンのリスクが高くなるのはこれが原因である。つまり、男性が定期的にオナニーするのはこれは本能的な生命維持活動であると言えよう。

便秘の解消

陰茎に刺激を与えるということは下垂部への血流を促進する、すなわち肛門付近の静脈にも血がぐんぐん行き渡っている状態なのである。
便秘薬や浣腸より体に負担を与えない。

結論

以上の事から、物理的なオナニーは男性の身体の健康にとてもよいという事が解る。
ただし、排泄された精子を処理するためのティッシュは常に近くに置いておく事をオススメする。

女性の場合

女性の場合はオナニーをすると女性ホルモンを分泌させ、より女らしい体を形成することができる。性感帯を開発し、生理不順も改善できるともされる。

雑記

語源

オナニーはドイツ語。英語ではマスターベーション
語源は、旧約聖書に登場する人物のオナンとされる。
彼には結婚したがいたが急逝してしまった。父親は子孫を絶やさぬため、彼と兄嫁とを結婚させ子作りを強制したが、彼はそれを不満に思い、毎回行為の射精寸前で男性器を抜き、床(地面)に精子を落としていた。
つまり、自慰と言うよりは避妊に近い。

動物のオナニー

これまた別段珍しいことではない。
動物園での飼育環境下ではあるが、動物の雄もオナニーを行うことが確認されている。
チンパンジーがオナニーを覚え、飼育施設のガラスに向かって射精し、まだ純真な若い女性客を赤面させてしまった。カンガルーが飼育員が見ている目の前で、寝藁を性器に巻きオナニーを始めた。

もしかして→ケモオナ

関連イラスト

センシティブな作品


センシティブな作品



関連タグ

オナニーの日

同義語

自慰 手淫 マスターベーション ひとりエッチ セルフプレジャー
0721 男オナニー せんずり 女オナニー まんずり

類型

アナルオナニー 角オナ 勝手にオナニー 女装オナニー オナフェラ
オカズにしてもいいのよ 見てるだけでいい

道具

オナホ TENGA ディルド
バイブ ローター 乳首ローター ちんこローター

ネタ

碇シンジ 佐藤達広 高らかにオナニー クリスタルボーイ  シコ松
ニーナ・アインシュタイン

オナニー亜種

マチャニー ホナニー ガナニー