ピクシブ百科事典

BORUTOの編集履歴

2016-04-23 18:58:41 バージョン

BORUTO

ぼると

『BORUTO』とは、漫画『NARUTO』の主人公うずまきナルトの息子、うずまきボルトを主人公とした映画作品である。

新時代が、始まる
「くっだらねぇな、クソ親父!!」
「そんな時代、俺が変えてやるよ!!」

概要

漫画『NARUTO』の最終話に登場した、うずまきナルトの息子であるうずまきボルトを主人公とした作品。
ナルトを主人公とした最後の物語である劇場版『THELAST』のエンディング後において、重大発表として公開された。
※当初このタイトルはまだ『(仮)』だったが、後に正式にこのタイトルになった。
前作のエンディングでの発表により公開前から話題となり、公開されると前作が記録したシリーズ最大の興行収入記録を塗り替える26億円を記録する大ヒットとなった(ただ、主人公がナルトではないため、シリーズに入らないとする考えもある)。

岸影様曰く『これ以上のものはもう僕には描けません!』

2016年から、週刊少年ジャンプにて新たに連載がスタートすることが12月19日に開催されたイベント・ジャンプフェスタ2016にて明らかになった。
連載は月1回のペースで、原作・監修は作者である岸本斉史氏、脚本は小説家小太刀右京氏、作画を池本幹雄氏が担当する。
同イベントでは、池本氏が描いたティザーカットが公開された。
また連載とは別に、岸本氏の手による同作の番外編読み切りも2016年春に同誌に掲載されることも発表されている。

主要人物






関連タグ

NARUTO 新世代木ノ葉忍
木ノ葉隠れ 七代目火影
うずまきボルト うちはサラダ
うずまきナルト うちはサスケ
木ノ葉丸班

備考

本作で主役のボルトを演じた三瓶は、「作品のファンとして、ボルトを主人公にした映画があるというニュースを見た時は『楽しみだな』と期待しました。でも自分が出演することになったら、その期待が自分に向けられるんですよね。そう思うと、緊張で数日眠れませんでした」と出演のプレッシャーを抱えていた模様。舞台あいさつ前にもサラダ役の菊池とメールで「緊張してます」「私もです」というやりとりがあったという。

また、サスケ役の杉山は「(サスケの)ナルトとの関係性や距離感が変わってきていて、会話をしている時の表情とかニュアンスも変化しています。その辺も楽しんでいただきたい」とコメント。すると岸本氏が「今回はサスケが本当に一番いい感じになっています」と熱く語り、「ボルトっていうよりサスケ映画なんじゃないかなと思ったりもしました。なので杉山さんに『サスケ頼みます!』って映画を作る時にお願いしたんです」と、サスケの主役級の活躍を期待させるコメントを寄せた。

前作のサスケ詐欺では宣伝がかなり酷く酷評だったためにいままでの扱いを覆すかのような大活躍ぶりである。

バトルは最強作画スタッフ集結のサスケメインなため実質もう一人の主人公ともいえる。

外部リンク

公式サイト『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』

関連動画

特報



予告