ピクシブ百科事典

ターレスの編集履歴

2016-06-26 09:27:53 バージョン

ターレス

たーれす

ターレスとは、劇場版アニメ『ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦』に登場したサイヤ人。原作の漫画「ドラゴンボール」には登場しない。

原作の漫画「ドラゴンボール」には登場しない劇場版アニメ「地球まるごと超決戦オリジナルキャラクター
宇宙を暴れまわるならず者集団「クラッシャーターレス軍団」のリーダー。
声:野沢雅子

概要

サイヤ人の生き残りの一人で、肌が色黒である以外は孫悟空(カカロット)と瓜二つの容姿をしている。
容姿がソックリなのはサイヤ人の下級戦士は顔のパターンが少ないのが原因で、彼はそのサイヤ人の下級戦士であるだけで、別に血縁関係があるわけではないようである。
下級戦士ではあるが、星の生命を吸い上げて成長する神精樹の赤い実を食べてパワーアップを繰り返しており、戦闘力は18000を超えると思われる。
性格は冷静沈着でやや物静かであるが、サイヤ人らしく冷酷無比。
だが、悟飯や悟空を仲間に勧誘するなど同族意識は強いようだ。
しかし、悟空からは彼に対して「地球に着いた際にを打ったお陰で、お前の様にならなくて良かった」と発言している。
名前の由来は「レタス」から。

主な悪行

彼が起こした悪行は、神精樹の養分とする為に幾多の惑星に植え付け、その惑星全ての生命を奪い尽くし、実を増やす為だった
他にも、彼の発言から「は飲みたい放題、好きなだけ暴れ、悪事は何でもやれる」と発言している。小さな子供に飲酒を勧めるのも悪党故の行動?
その一方で、戦闘力18000と計測しているピッコロの攻撃を軽く弄び、フルパワーでないといえど、魔貫光殺砲片手で受け止めた。その上でエネルギー波による零距離射撃で吹き飛ばす。悟空悟飯を勧誘し、断った途端パワーボールを使って悟飯を大猿化させて、親子殺しをさせようとし(この時、自分が暴走するのを懸念しすぐにパワーボールを破壊している)、怒りに燃える悟空に苦戦したと見るや神精樹の実を食べてこれを圧倒。動けなくなるまで攻撃を続け、エネルギー波連射による超至近距離射撃を平然と行った。

彼の最期

界王拳10倍を発動した悟空を圧倒した上で一発目の元気玉無効化するも、神精樹から吸収した2発目の元気玉に直撃し、神精樹もろとも消滅するという自業自得とも言える最期を迎えた。

サイヤ人絶滅計画

原作ゲームでは中ボスとして、OVAでは前編にのみ登場。フリーザクウラスラッグと共に、ツフル人の怨念増幅装置「ハッチヒャック」の力で蘇った。他3人と比べると明らかに格下な気もするが気にしてはならない。
自身もサイヤ人であるのだが、「サイヤ人に復讐だ」と主張するメンバーに混ざっている。ドクターライチーは恨んでいるサイヤ人を仲間にすることに抵抗はなかったのだろうか。
この事に付いて、「『サイヤ人に殺されたサイヤ人』である故に、悟空達への恨みは他の面々より深い」と発言している。
無論超サイヤ人にはならない。

余談

中の人が悟空と同じと言うことや、容姿が似ていることもあり、悟空の性格を改編したMAD動画の素材として、しばしば利用されることがある。
主に、上記の「酒は飲みたい放題~」や、「なんだ貴様、この俺に勝てると思うか?」という台詞などが使われている。また、「丁重にお断りする」というセリフもパラガスの「あなたもどうぞ?」というセリフに対する返しとしてユーザーの間で使われている。

後にゲームではナッパラディッツなどと同様に大猿変化形態が登場した。みんなほぼ同じ姿だけどな。
ヒーローズでは大猿化はしていない(ラディッツ、ナッパも同様)。ちなみに破壊王ターレスなる強化形態が登場している。

関連タグ

ドラゴンボール
DRAGONBALLDBドラゴンボールZDBZ

ゴクウブラック:同じく悟空の姿をした悪の戦士