ピクシブ百科事典

クバシャプの編集履歴

2017-02-09 23:28:08 バージョン

クバシャプ

くばしゃぷ

小説『アルスラーン戦記』の登場人物・クバード×シャプールの腐向けカップリングタグ。

概要


田中芳樹の小説『アルスラーン戦記』の登場人物であるクバードシャプールをカップリングとして扱っている作品につけられる、腐向けカップリングタグである。

アンドラゴラス三世の麾下にて、クバード、シャプールはともに万騎長の任を得ていた。
アトロパテネの戦いにて、アンドラゴラス三世が逃げたとの虚報が広まった際、二人は正反対の行動をとることになる。


「逃げる気か、クバード!」
「そうしたいのは山々なれど、あの敵軍をうちはらわぬことには、退路もつくれぬ。奴らをしまつしてから、臣下たる者の責務について、おぬしとゆっくり語りあおうではないか」
「よし、後日になって忘れたなどと言うなよ」
「忘れはせんさ、後日というものがあればな」
(1巻第一章「アトロパテネの会戦」より)


二次創作のガイドラインについては親記事を参照のこと。


関係性


アトロパテネの敗戦の際、戦場のただなかで言い争い、パルス騎士たちを愕然とさせた。十二人の万騎長が整列するときには端と端に立つという噂があり、当人たちも反りの合わなさを自覚していたようである。

ただし、シャプールの異母弟であるイスファーンに、クバードが「おぬしも長生きするのだな。天寿をまっとうすることが、恩人に報いる道だ」(12巻第一章「染血の一夜」より)「さすがにシャプールの弟だな。意気がいいことだ」(15巻第二章「蛇のうごめき」より)などといった言葉をかける場面もあり、一概に「仲が悪かった」とは言い切れないようである。