ピクシブ百科事典

ヴィダールの編集履歴

2017-03-18 17:09:52 バージョン

ヴィダール

ゔぃだーる

ヴィダールとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。

CV:松風雅也

人物像

武力組織ギャラルホルン統制局直轄の月外縁軌道統合艦隊に所属するモビルスーツパイロット
艦隊司令であるラスタル・エリオンの協力者・側近としてその手元に置かれ、艦内では唯一、彼と対等に接する事が出来る。
フルフェイスマスクによって素顔を隠し、その異様な外見は勿論、堂々として常に静寂な佇まいも重なり兵士の中でも異彩を放っている。
その正体を知る者はラスタルを含め僅かしかおらず、本人も普段からあまり喋る方ではない為、彼の気質や思考推し測る事は難しい。その異質さからジュリエッタ・ジュリスイオク・クジャンなど彼を快く思わない者も多い。
その一方で、自らに不信を抱く者に対しても邪険にする事無く柔かに対応する社交性を持ち合わせており、特にジュリエッタに対しては戦いの姿勢や覚悟、人を想う事の正しさなどを説いている。

戦場に身を置く目的を「復讐」と明言するが乗機のガンダム・ヴィダールを親友であるかのように語りかけ、ジュリエッタをして「強く、とても美しい」と言わしめる流麗な駆動で敵を圧倒する操縦技術は、とても復讐心から来るものとは思えないほどに洗練されており、総じて仮面の下には穏やかな気質が伺える。
なお、「ヴィダール」とは、北欧神話にてフェンリルを討ち倒し、ラグナロクを生き延びた神「ヴィーザル」の別名である。 />
マクギリス・ファリド鉄華団に対して浅からぬ因縁を持ち、特にマクギリスについてはその行動に深く精通している節を見せ、ラスタルがマクギリスの策を読み先手を打つ為の方針を決定する一助となっている。

その正体は、エドモントンの戦いでマクギリスに斃されたガエリオ・ボードウィン。かつて公にも戦死したとされた彼は、負傷しながらも生き永らえていた。セブンスターズの一角であるラスタル・エリオンによって命を救われ、以降はその庇護の下、アリアンロッドのモビルスーツパイロットとして活動していた。

かつての素性を捨て去り、仮面を被り“復讐”を掲げた彼は、アインの遺された脳を基盤とした補助システムを搭載した機体ガンダムヴィダールを駆り、ギャラルホルンの改革を進めるマクギリスの真意を確かめる為に暗躍する。
そして、マクギリスのクーデターに際して彼の本質が「本来尊ぶべき感情の疎外、“力”への執着」であると確信するとその素顔を晒し、マクギリスを「逆賊」として討つと宣言。
ラスタルとの演説で自らの本当の名を告げ、「ガエリオ」として再び歴史の表舞台に舞い戻ると、真の姿となったガンダム・キマリスヴィダールを駆りマクギリス一派と激闘を繰り広げた。

なお、フルフェイスマスクは乗機であるガンダム・ヴィダールのアインシステムを扱う為のインターフェースでもあり、バイザー部は任意に着脱が可能。システム使用時には後頭部に接続用のケーブルが接続される。
関連イラスト

Vidar
40話のあと 


11月29日はいい肉の日
ありあんろっどのお正月


狼殺し



関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
ギャラルホルン 月外縁軌道統合艦隊アリアンロッド
ガエリオ・ボードウィン アイン・ダルトン
ガンダム・ヴィダール