ピクシブ百科事典

ウルカヌスの編集履歴

2011-04-21 03:07:47 バージョン

ウルカヌス

ウルカヌスは、

  1. 神話に登場する神の呼称
  2. 1 を由来とするキャラクターの呼称

を指す。

ローマ神話のウルカヌス

ローマ神話の火の神。後に、ギリシア神話でのヘパイストスと同一視された。英語読みでの「バルカン」ないし「ヴァルカン」の方が著名。
関連タグ:ギリシャ神話 ローマ神話  バルカン

キャラクターとしてのアポロ

神のみぞ知るセカイのウルカヌス

漫画・アニメ『神のみぞ知るセカイ』の登場人物。女神であるユピテルの姉妹の1人。九条月夜に宿っている。彼女が表に出てくると、髪の色が変化する(金→?)。

【連載ネタバレ注意】子ども部屋


目が弱く、耳も遠く、歩くことも出来ない。その反面、物に魂を吹き込んで操ることが出来る。作中では、月夜の人形「ルナ」に魂を宿らせることが多い。また、移動は桂木桂馬に抱っこさせる、月夜に交代して歩いてもらう、などで行う。

月夜編最終盤(月夜攻略後)時で、月夜に桂馬を意識する描写があった為、この時点で復活していたと思われる。その後、再攻略編において図書館で汐宮栞と接触する桂馬への襲撃で初登場・・・するものの、桂馬の機転に翻弄される。この時点で入れ替わりと天使の輪は復活していた。その後、桂馬へのキスで月夜の「愛の力」が強まり、翼も復活。アポロを瀕死に追い込み、ハクアノーラを捕えたフィオーレをも圧倒する力を見せた。なお、通常時は翼は掌程度の大きさに収まっているが、最大時には体の数倍の大きさまで広がる。

「正義と精緻を愛する」・・・のだが、図書館での襲撃は桂馬からはヴィンテージに発見されかねない軽率な行為と受け取られていた。

関連タグ:神のみぞ知るセカイ 九条月夜