ピクシブ百科事典

シャルロット・コルデーの編集履歴

2018-04-01 00:07:11 バージョン

シャルロット・コルデー

しゃるろっとこるでー

シャルロット・コルデーとは、実在したフランスの人物。

概要

(1768年7月27日生~1793年7月17日没)
マリー=アンヌ・シャルロット・コルデー・ダルモン。
フランス革命期を生きた貧しい貴族の娘。
三大古典詩人の一人、コルネイユの子孫であり、先祖やルソーの著書を読む物静かな女性であった。

革命推進派ではあったもののジロンド派(穏健派)に属しており、ロベスピエールが所属するジャコバン派(過激派)とは抗争関係にあった。
ジャコバン派による恐怖政治や敵対者への無慈悲なギロチン刑にたまらなくなった彼女は、1793年7月17日、ジャコバン派指導者の一人であるジャン=ポール・マラーを暗殺し、即日ギロチンで処刑された。

たいへんな美貌を有していたとされ、死ぬまで凛とした佇まいを崩さなかったことから、ギロチン台に集まった多くの民衆がその姿に心を奪われたといわれている。死刑執行人シャルル=アンリ・サンソンは「彼女は確かに美しかった。それは彼女の美しさだけのせいではなかった。最後の最後までなぜあのように愛らしく毅然とした振る舞いが出来るのか私には到底、理解できなかった」と評した。

その美貌からのちに「暗殺の天使」「カーンの処女」などと呼ばれた。

関連タグ

フランス王国 フランス革命
ジャン=ジャック・ルソー シャルル=アンリ・サンソン 

暗殺者 天使