ピクシブ百科事典

デスレイザーの編集履歴

2018-05-24 23:53:51 バージョン

デスレイザー

ですれいざー

デスレイザーとは、「ZOIDS」シリーズに登場する金属生命体の一種である。

詳細

東方大陸の企業Zi-ARMS社が開発したテリジノサウルス型ゾイド。
長い爪エレクトリッククローや背面の荷電粒子を纏うプラズマブレード、テイルソード、ブレイクニードルテイルなどにより高い格闘能力を持ち、装甲もビーム攻撃を弾く構造を採用している。また、胸部のエレクトリックディスチャージャーは、例えばライガーゼロイクスのエレクトロンドライバーのような強力なプラズマ電撃砲である。

  • 電撃戦闘に優れ、ウィングがブレードを兼用しているという意味では、敵対したワイツタイガーに似ている。
さらに、ワイツウルフがサビンガと合体してワイツタイガーとなるように、デスレイザーもパラブレードと合体することでデカルトドラゴンとなる。
合体ゾイドの例にもれず、ゾイドコア同士の共鳴により出力は高くなるうえに、プラズマブレードを連結することで飛行能力も獲得している。

ZAC2230年、ZOITEC社から古代虎のゾイドコア制御技術を奪取する狙いでZOITEC社社長を誘拐するために出撃。
そこでワイツウルフと交戦。デカルトドラゴンとなりワイツウルフを翻弄するが、サビンガと合流されワイツタイガーに追い詰められる。しかし、ワイツタイガーが自身のゾイドコアのエネルギーを制御しきれず、やむなく機能停止。そのすきに、ZOITEC社社長を誘拐した。

ゾイドジェネレイション』では、ヴォレガードが操縦するガンマンゾイドのガンズレイザーが登場。牧場の守り神であり、メタルZiの弾丸を発射するピストルを装備しているが、弾が貴重なために使用毎にサポート役のバラッツが回収している。

モチーフについて

見た目で誤解されやすいと思うが、テリジノサウルスは草食恐竜であって、似たような名前の巨竜とは何ら脈絡はない。
モチーフと似た個所は長い爪を持った腕であろう。