ピクシブ百科事典

ネロ帝の編集履歴

2018-09-13 18:51:44 バージョン

ネロ帝

ねろてい

ローマ帝国の第5代皇帝 16歳で就任



第5代ローマ皇帝(地上世界最高司令官市民ローマ当局者)

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=70675163

インペラートル・カエサル・ネロ・クラウディウス・ゲルマニクス・アウグストゥス
最高司令官就任8回
最高市民長官16回
ローマ統領5回
副ローマ統領
前執政官
財務長官
内務長官
エジプト最高司令官
ゲルマニア制服官
パルティア制服官
アルメニア制服官
全軍編成長官
最高聖職者
国父
第一人者

クラウディウス・ネロ・ゲルマニクス(37-68.31),ローマ皇帝(在位.54 - 68.14年),本名,ルキウス・ドミティウス・アヘノバブルス。16歳で就任,始め親衛隊長官ブルス,哲学者セネカの後見で善政をしいたが。やがて母ポッパエナ,妻オクタウィアを殺害し,暴虐の性格を現す。64年のローマの大火の首謀者をキリスト教徒にして帝国規模で迫害を始める。古代ギリシャオタクでもあったが,暴政はローマ市民の反乱を招く。元老院(上院)民会(下院)で公式に国家の敵となり,市民長官達(護民官)の正式なローマ正規軍による討伐暴動(公式クーデター)を引き起こした。ネロはローマを脱出して自害 。こうして独裁者は。
ローマから去ったのであった。

余談


関連
アンチキリスト ウェスパシアヌス オリンピア祭 コロシアム テリアカ パウロ ペトロニウス ルカヌス  
ネロ・カエサル・アウグストゥス

クラウディウス←先代 次代→ウェスパシアヌス