ピクシブ百科事典

ナナセ・ナナミの編集履歴

2018-10-07 01:19:04 バージョン

ナナセ・ナナミ

ななせななみ

ナナセ・ナナミはアニメ『ガンダムビルドダイバーズ』登場人物のひとり。

CV:伊藤かな恵

概要

模型店「THE GUNDAM BASE」の女性店員。ナナセ・コウイチの妹。
明るく面倒見の良い性格で、旧知の仲であるミカミ・リクヒダカ・ユキオからは「ナナミお姉さん」と呼ばれ慕われている。二人を経由して知り合ったヤシロ・モモカとは、女性同士という事もあって意気投合している。

一方で、模型店員であるにも関わらずガンダムに関する知識には疎く、ダブルオーガンダムを「ガンダムオーツー」と読んでしまったりしていた(「オーオー」「ゼロゼロ」等さらに直球な読み方をしなかっただけまだマシと見るべきか)。
但し、モモカにガンダムシリーズの登場人物のコスプレをさせた時、描写された物だけでもルナマリアの赤服にリリーナの礼服、未遂になったソシエの飛行服と比較的有名な服装だけでなく、ハリーパジャマ(サングラス付き)というマイナーな物もチョイスしている。
その後も、「ここにある商品全てを覚えろと言われた時眩暈がした」と発言したり、カプルの名前が咄嗟に出てこなかった(カプルカプールで悩んだのだろうか?)といった例があるので、メカには詳しくないが登場人物は詳しいタイプなのかもしれない。店内で展示されてあるガンプラの大半は兄の作品である。

ビルドダイバーズがフィールドコレクターのラキュラから島を譲り受けた事を知ると自分も行きたそうな発言をした後に有名メーカー『Sazamel』主催の女性イベント『ナデシコアスロン』に急遽参戦。アバターを取得しダイバーネーム『ナミ』として挑んだ。

尚、模型店の店員であってもビルダーとしての経験はなくガンプラの部品を手もぎをしかけたり、ニッパーによるパーツの切り出し方法が間違っていたりエミリアに注意されてしまった。(これがきっかけでビルダーとしての練度を上げていく)
ナデシコアスロンでは主催者側の行為により決勝で残った参加者全員でイメージガールを獲得。後にビルドダイバーズへ加入する。

また、ナデシコアスロンに参加した時に参加者の模型を見て『私も・・・自分の模型を組んでみたい!』と強い憧れと強い意志が生まれる。

イベント終了後、「風車の百式うっかりざくれろ」と「1/144 ザクレロ」(旧キット)を購入、自ら模型の世界へと飛び込んだ(しかし、後者は接着剤が必要な模型なのだが 大丈夫なのだろうか?)。

ビルドダイバーズ加入後は顔見知りが多いこともありメンバーとはすぐに仲良くなり、GBN内の世界を早くも満喫している様子。早速モモと共に家具を探している様子が見られたが、すぐにそれどころではなくなってしまった

個人菜園で、スイカトマトを栽培しており、リク達にも時折振舞っているようだ。

ラストミッション後


兄と共にオフ会に参加(リク一行の保護者も兼任している)。マギーが経営するバーで、工具と接着剤持参でナデシコアスロン後に購入したザクレロを組んでいた。(劇中で描写された範囲内では)初のリアルでの模型製作ということもあって少々苦戦していた様子であった。なお、閉鎖空間内で溶剤が必要な模型を組むのは禁止行為なのだが、周囲の人間はそんなこと百も承知のはずなので、換気扇(バーとはいえ、飲食店なのであると思われる)を回す等の対策をしていたと思われる。

ただ、さすがにその場での完成には至らなかったらしく、直後にGBNにダイブした時にはザクレロのデビューは叶わず、兄のガルバルディリベイクに同乗していた。

余談

ナナミが初の模型製作で持参・使用していたのは、「Mr.セメントS 流し込みタイプ」。この接着剤は、非常に揮発性が高い【速乾タイプ】であるが、プラスチックを溶かす力はあまり強くないため細かく繊細な部品の接着に向いている。(兄のアドバイスによる選択だろうか?


関連タグ

ガンダムビルドダイバーズ
ルウ・アノン:かつて、氏が演じたガンダムシリーズのキャラクター。妹というポジションも同じだが、こちらは病に蝕まれている。
イオリ・リン子ガンダムビルドファイターズにおける類似ポジションのキャラクター。


赤井めが姉ぇ前番組に登場した店員のお姉さん。中の人も同じなため、既視感を覚えるプリパラおじさんも一部には存在する。
ユイ(SAO):中の人繋がりなのだが、さりげなく彼もいたりする。そして、ある人物に彼女と類似する箇所が浮上するのだが……。