ピクシブ百科事典

クリスタル(スターフォックス)の編集履歴

2018-10-17 19:35:12 バージョン

クリスタル(スターフォックス)

くりすたる

ゲーム『スターフォックス』シリーズに登場するヒロイン。

概要


CV:原亜弥(現:一龍斎貞弥
惑星サウリア(ダイナソープラネット)の事件を機にメンバーに入る青いキツネの姿をした女性。
あらゆるセンサーよりも優れたテレパシーを使える。
強い女性と言う言葉が似合う芯の通った優しい性格で、密かにフォックスに恋心を寄せている。
因みに彼女の綴りは「crystal」ではなく、デンマーク語綴りの「Krystal」である。

作品ごとの人物像


スターフォックスアドベンチャー


センシティブな作品



初登場。
元々はレア社で作られていたNINTENDO64のソフト『ダイナソープラネット』に登場するキャラクターだったが、『ダイナソープラネット』が発売中止、『スターフォックス』シリーズに組み込まれることでデザインも一部変更され、今の姿となる。
(『ダイナソープラネット』時は主役であり、であった(参照)サーブル/セイバーという兄を持ち、髪の毛がなく年齢もやや幼く、完成作品露出が少なかった。サーブルとフォックスのキャラクターが似ている事から、スターフォックスシリーズに組み込まれる事となった。改変前のクリスタルのプレイ動画も存在する。

惑星サウリア(アドベンチャーにおいてはダイナソープラネット)から発信されたSOSを受けてクラウド族の背中に乗り、その発信源を探していたが途中シャープクロウ族のスケール将軍の乗るガレオン船の襲撃に遭う。
その時の攻撃でクリスタルスタッフを落としてしまうが、後に地面に突き刺さっていたそれをフォックスが拾ったことで、それがこのゲームにおいてのフォックスのメインウェポンとなる。

その後クラゾア宮殿に到着し、戦いに敗れ傷付いたアソーカ族の戦士からクラゾアスピリットの話を聞き、試練の館にてスピリットを体内に宿す。
しかし、それを解放したところで何者かに背後から突き飛ばされてしまい水晶の中に閉じ込められた為身動きの取れない状況に陥るが、超能力(テレパシーとも)を通じてフォックスに助けを求めたりクリスタルスタッフの使い方を教えたりすることもあった。

事件の収束後、フォックスを追ってスターフォックスに仲間入りする。

なお、フォックスは水晶の中に閉じ込められたクリスタルの姿を見た時に思わず『美しい……』と一目惚れしてしまう。その時のシーンは必見モノ。
この時点でクリスタルは19歳。フォックスの7歳年下である。
うらやましいぞフォックス

スターフォックスアサルト


クリスタル



前作から1年後、オイッコニーの反乱軍との戦いにスターフォックスのメンバーとして参加、後にアパロイドとの戦いに身を投じる。
特有のテレパシー能力を使って敵の弱点や位置を教えてくれる。
士官学校にいた筈のスリッピーよりもアーウィンの操縦が上手いなんてそんな。
ところどころにフォックスを意識しているような節がある。

アパロイドに襲撃された惑星サウリアを救ったあとのムービーは必見。

また、スターウルフの新メンバーであるパンサーには初対面から口説かれるが、この時点ではクリスタルの眼中にはフォックスしか映ってはいないので、何か言われる度に突っ返していた。

パンサー『クリスタル、俺の翼に乗らないか?』
クリスタル『フォックスと一緒ならね』

しかし…………

スターフォックスコマンド


いきなりオープニングでフォックスと離ればなれになっている。
キャラクター紹介に「スターフォックスの『元』メンバー」と書かれているのが悲しい。

将来の約束もした仲だったが、戦いでクリスタルが傷付くことを恐れたフォックスが彼女をチームから脱退させ、それに反発したクリスタルはフォックスの前から姿を消してしまう。

エンディングによって様々な結末を迎えるキャラクターの1人。



スターフォックスゼロ
直接の登場はないが、橋本氏は続編が作れるなら登場させたいと述べている(参照)。

関連タグ

スターフォックス
フォックス・マクラウド

パンサー・カルロッソ

ヒロイン メスケモ