ピクシブ百科事典

アインスト・アルフィミィの編集履歴

2018-12-06 02:57:41 バージョン

アインスト・アルフィミィ

あいんすとあるふぃみぃ

「スーパーロボット大戦」シリーズに登場するキャラクター。

概要

スーパーロボット大戦IMPACT』で初登場したオリジナルキャラクター
(リメイク元の『スーパーロボット大戦COMPACT2』には登場していない)
担当声優は水谷優子

正体不明の敵勢力アインストの幹部的な立ち位置を担い、
搭乗機ペルゼイン・リヒカイトやアインスト群と共に幾度も戦いを挑んでくる。
また、主人公のキョウスケ・ナンブエクセレン・ブロウニングに執着しており、
キョウスケへの好意を匂わせたり、エクセレンを洗脳するなどの謎めいた行動を取る。

その正体はアインストが「新しい生命」を造る為にエクセレンの肉体を解析した際、
得られたデータから作られたエクセレンのクローン
その為、容姿や声は幼い頃のエクセレンと酷似し、キョウスケへの恋愛感情も受け継がれている。
また、ペルゼイン・リヒカイトは乗機というよりは彼女と一心同体の存在であり、
アルフィミィ自身は『魂』、ペルゼインは肉体に相当する。

スーパーロボット大戦IMPACT

ガンドール隊やロンド・ベル隊の前に現れ幾度も交戦するが、最終決戦でアインストを離反する。
しかし、ラスボスであるノイ・レジセイアの消滅と共に、外界から彼女を守る「殻」であるペルゼインが消滅し、それに伴ってアルフィミィは消滅してしまう。

スーパーロボット大戦OG

スーパーロボット大戦OG2でもIMPACTと同様の展開で登場。
ホワイトスターでの最終決戦でアインストを離反し、ハガネ隊と共闘した。
決戦後はIMPACTと同様に消滅・死亡したかに見えたが、OG外伝にて同じく死亡したかに思われていたアクセル・アルマーと共に復活を遂げた。

その後はアクセルと共にハガネ隊と合流して再びキョウスケ達と共闘した。
OG外伝の後はアクセルと共にエンドレス・フロンティアに飛ばされて記憶喪失となり、ハーケン・ブロウニング達と行動を共にした。(無限のフロンティアEXCEED)
彼女曰く、「ぱんつは生き様」だそうである。ベースとなった人間の影響だろうか……?
この他にも外伝以降はメタ台詞やネタ台詞が散りばめられており、見ていて飽きない。

疑惑

復活以降はエクセレンと同様にサブカル関連のネタ発言をする事が増えたが、
アインストとして生まれた彼女がどうしてそのような知識を有しているのかは謎である。
(復活以前にそのような発言をしたり、知識を有していたような描写はない)。

また、第2次OGでは共に復活したアクセルを「将来を誓いあった人」と評している。
本来アクセルと将来を誓いあうに等しかった人物は、アルフィミィと同様にエクセレン・ブロウニングと近しい存在であるレモン・ブロウニングである。また、レモンは「『向こう側』でも『こちら側』でもない世界で彼と話すわ」と言い遺して死亡したが、実際に「向こう側でもこちら側でもない世界」であるエンドレスフロンティアへ旅立ったのは、アクセルとアルフィミィのコンビだった。

その為、OG世界のアルフィミィはレモンの魂と融合して復活したのではないかと考察する者もいる。

全身絵について

公式絵

IMPACTでは河野さち子によるの公式絵が上半身しか描かれておらず、OG2で全身絵の白と黒のレオタードの姿が公開されるまでは下半身の衣装は不明だった。
また、漫画・衝撃騎士団の描写から「そもそも下半身が存在しない」という解釈も存在していた。

IMPACT公式アンソロジー

表紙では白いミニスカートと白いブーツをはいていて機動戦艦ナデシコホシノ・ルリと隣合わせになって立っていた。

衝撃騎士団

腰から下がそのままペルゼインの一部となって融合しているため下半身が存在しない。
その為、機体からの脱出を促されても叶わず、そのまま死を遂げるしかなかった。

OGクロニクル

ペルゼインのコクピットに座っていて下半身が存在する。

関連タグ

アインスト
エクセレン・ブロウニング
キョウスケ・ナンブ
アクセル・アルマー