ピクシブ百科事典

ウルティメイトファイナルの編集履歴

2019-03-16 13:53:36 バージョン

ウルティメイトファイナル

うるてぃめいとふぁいなる

ウルトラマンジードの形態のひとつ。劇場版『つなぐぜ!願い!!』に登場する。

※ネタバレ注意




































ウルティメイトファイナル!
アルティメットエボリューション!
つなぐぜ!願い!!

データ

身長51メートル
体重4万2千トン
飛行速度マッハ9
走行速度マッハ7
ジャンプ力1800メートル
水中潜行速度マッハ4.7
地中潜行速度マッハ4.7
腕力16万2千トン
握力10万3千トン


概要

2018年公開の劇場版『ウルトラマンジードつなぐぜ!願い!!』に登場するジードの新形態。
いわゆる劇場版限定タイプに相当する。
ウルトラマンフュージョンファイト!』での属性は「」(青属性)。

ギガファイナライザーという専用武器にリク自身の思いで起動させたエボリューションカプセル(見た目はアーリースタイルベリアルだがカラータイマーがジードのものになっている)を装填し、ジードライザーで読み込み、スライドスイッチを入れることでアルティメットエボリューション(変身)を遂げる。

ジード本来の姿という訳ではないが、朝倉リク自身の闘志とエネルギーが全身に走る金色の「ゴールドストリーム」を通して全身にみなぎり、全ての能力のリミッターが解除された、誰の力も借りていないジードの究極進化形態である。

リクの闘志が尽きない限り活動時間に制限はない
つまりカラータイマーが点滅している時はウルティメイトブレスレットをつけたゼロのようなダメージ・エネルギー問題だけでなく、心が折れかけている時と解釈する事もできる。

スペックは握力を除く全ての能力でテレビシリーズでの最強形態であるロイヤルメガマスターを上回るうえ、「人の想いの強さ」を物理的破壊エネルギーに変換するギガファイナライザー同様、リクの想いの力によって更に戦闘力を上げていく。そのポテンシャルは無限と言っていい。
また、ジードがサイバー空間に囚われた際に身体に取り込まれたサイバーウィルスをギガファイナライザーで制御、増幅することで「再変身には20時間のインターバルが必要」という縛りも克服している

さらに、設定上は各フュージョンライズ形態の技の強化版を使用可能となっている(ジードクローキングソード等の武器を用いた技やゲームオリジナル形態の技が使用できるかどうかは不明)。聖剣使いの先輩と違い、武器に頼らない戦力も充実しているといえよう。

変身の際は、直接アーリースタイルらしき姿に変身した後、ゴールドストリームが全身に伸びてウルティメイトファイナルへと姿を変える。
ぐんぐんカットはギガファイナライザーを持った状態で、幾何学的な模様が目立つ独特なものとなっている。また、背後にはジード自身の目が映る(オーディオコメンタリーではプリミティブのベリアルの目の描写との比較が言及されている)。

劇中の活躍

映画終盤で、自分を想ってくれる仲間たちの言葉を受け取ったリクが、封印が解かれたギガファイナライザーに自身から出現したエボリューションカプセルを装填したことで変身。仲間たちと共にギャラクトロン軍団と戦った。
専用武器であるギガファイナライザーの性能もあり、その強さは「ジードの究極進化形態」の名に相応しく、初戦でいきなりギャラクトロン2体を通常攻撃で撃破するという活躍を見せた。

最終決戦では、ギルバリスの必殺攻撃「バリスダルフィティー」による圧倒的火力に追い詰められながらも、仲間達への想いをエネルギーに変換してギルバリスが計測不能なほどパワーアップ、一気に攻勢に転じる。ゼロオーブと共にギルバリスの外装を破壊した後、逃走を図るコアを「クレセントファイナルジード」で破壊して戦いに決着をつけた。

劇場版『ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』でも登場。


外見

メインカラーは赤、銀、黒。
これまでのどのフュージョンライズ形態とも異なる模様をしており、体格も父に似て若干だがマッチョになっている。
その今までと違う円や直線が主体で幾何学的な模様にはリク役の濱田にはすごくジードっぽくないジードと称されている。
これらや頭部の形状は今までモチーフにあまりなっていなかったウルトラマンエースの要素もあるらしい。

なお、サイドスペースの太平風土記には当形態を予言した図が描かれていたが、それは赤き鋼=ギガファイナライザーを手に鉄の悪魔=ギルバリスへ馬乗りして睨み付ける明王の如き姿だった。
ウルトラマンの口は菩薩の微笑み(弥勒菩薩像のアルカイックスマイル)を模している事は有名であり、ジードもまた同じ口元を有しているが、菩薩と真逆の手段で同じ善を成そうとする明王の眼差しもジードは併せ持つと大平風土記は示しているのである。
ジードの目付きはある意味、その出生と定められた運命を象徴する物でもあったが、それを超越した先で予言を実現させた結果、ウルトラマンに相応しい神秘的な象徴へと昇華したのである。

必殺技

ギガスラスト
スライドスイッチ1回操作で発動。
ギガファイナライザーの先端から、敵を貫く強力なエネルギーを放つ。

ライザーレイビーム
スライドスイッチ2回操作で発動。
立てたギガファイナライザーの刃から、ジードの目を模した破壊光線を放つ。
その威力はロイヤルメガマスターの「ロイヤルエンド」やジード全5タイプの必殺光線同時攻撃である「ジードプルーフ」をも超えるとされる

クレセントファイナルジード

クレセントファイナルジード


「目覚めよ!最強の遺伝子!!」
ジードライザーでスキャンした後、スライドスイッチ3回操作で発動。
ギガファイナライザーにジードの全エネルギーを集中、増幅させて、三日月型の巨大な切断光線を放つ最強技。映画では宇宙警備隊でも傷ひとつ付けられなかったギルバリスのコアを破壊した。



レッキングノバ
腕を十字に組んで放つ光線。レッキングバーストの進化系。
セレクト!絆のクリスタル』で初使用し、ウルトラマントレギアを撃破した。


以下は劇中未使用の技


ビッグバスターノバ
腕をL字に組んで放つ強力な光線。

ウルティメイトリッパー
腕から手裏剣のように発射する切断光線。

ジーディウムスラッシュ
巨大な光の刃を手から打ち出し敵を両断する。

ギガエンドスライサー
光刃を手先から素早く連続発射する。
『フュージョンファイト』の通常攻撃モーションでこれと思われる技を使用している。

ウルティメイトロアー
レッキングロアーの数倍の威力を持つ超音波攻撃。

バーニングブースト
ストライクブーストの進化系となる爆熱光線。

ストリームデトネーション
ゴールドストリームから電撃破壊光線を出す。

コラプサーブースト
ソーラーブーストが進化した破壊光線。胸全体から放つ。

スマッシュバスターブレード
手先から飛び出す光の剣。二刀流も可能。

ショッキングインパクト
アトモスインパクトの数倍の威力を持つ衝撃波動。

フルムーンネオヒーリング
癒しや沈静化の力を持つ治癒光線。

ギガライトニングバースト
額から超強力な電撃光線を放つ。

ウルティメイトファイナルバリア
ジードバリアの進化系。

他にも様々な技が使用可能とされている(劇中で披露される日はこなさそうだが……)。
その技の豊富さは、正に僕の考えた最強のウルトラマンといった感じである(実際、最強なので間違ってはいない)。


関連イラスト

つなぐぜ
ツイッター1時間お絵描き其の101
アルティメットエボリューション



関連タグ

ウルトラシリーズ 劇場版ウルトラマン
ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!
劇場版限定タイプ

ウルトラマンノア - 究極最終形態(ウルティメイトファイナルスタイル)と呼ばれる。こちらは主役戦士の本来の姿である。
シャイニングウルトラマンゼロ - ゼロが自身の偉大な光の力を発現させた姿であり、ジードのウルティメイトファイナルとよく似た設定を持つ。こちらはゼロが今まで力を借りた戦士にはない時間操作能力を持っている。
オーブトリニティ - 前作における劇場版限定タイプ。
ロイヤルメガマスター - テレビ本編におけるジードの最強形態。武器持ちぐんぐんカットつながりでもある。
オーブオリジン - 映画でも共演するオーブ本来の姿。こちらは通常形態かつ玩具販促上最終形態という特殊な立ち位置。
サンダーブレスター - オーブの形態の一つにして、『菩薩の微笑みと明王の睨みを持つウルトラマン』の先駆け。当初は当人の心の問題で暴走、人を殺めかける悪鬼の如き暴挙を働くも、当人が心の傷を克服した事で力の制御に成功。そしてこれが呼び水となり、上述した本来の姿への回帰も果たした。