ピクシブ百科事典

デスレイザーの編集履歴

2019-03-28 11:44:11 バージョン

デスレイザー

ですれいざー

デスレイザーとは、『ゾイド』シリーズに登場する金属生命体の一種である。

スペック

機体名デスレイザー
番号EZ-074
所属Zi-ARMS
分類テリジノサウルス
全長22.3m
全高8.64m
重量110.0t
最高速度295.0km/h
乗員人数1名
武装
  • エレクトロリッククロー×2
  • プラズマブレード×4
  • レーザーガン×2
  • ストライククロー×2
  • テイルソード
  • ブレイクニードルテイル
  • エレクトリックディスチャージャー


概要

東方大陸の軍事企業Zi-ARMS社が開発したテリジノサウルス型ゾイド。格闘能力と防御力とZi-ARMSお得意の電撃ビリビリ攻撃能力を持っており、全身の多面体なギザギザした装甲で敵のビームを屈折させたり攻撃したりできる。

装備類も格闘戦用のものが多く、必殺技は背中のプラズマブレード(荷電粒子を帯びる刃)で敵を切りつけるプラズマスラッシュと、腹部のエレクトリックディスチャージャー(プラズマを発射する電撃砲)を接近しながら発射するストライクサンダー。二種類もあってなんだか厳かだが要するに両方とも電撃攻撃である。

ワイツウルフのユニゾン(ブロックスゾイドサビンガと合体してワイツタイガーとなる)を機能をZi-ARMS社がパチって作った合体機構があるので、パラブレードと合体することでデカルトドラゴンとなる。

バトルストーリーでの活躍

『3匹の虎編』内のバトルストーリーでは、ZAC2230年にZOITEC社から古代虎のゾイドコア制御技術を奪取する狙いでZOITEC社社長を誘拐するためにパラブレードと共に出撃。そこで社長を奪還すべく追撃してきたワイツウルフと交戦状態に入り、デカルトドラゴンとなりワイツウルフを翻弄するが、サビンガと合体したワイツタイガーに追い詰められる。しかし、ワイツタイガーが自身のゾイドコアが発するエネルギーに耐え切れずに溶解し始めたため、その隙を突く形でZOITEC社長の誘拐に成功した。ただし、その後のストーリーには全く登場していない。

ガンズレイザー

電撃ホビーマガジンで連載されていた『ゾイドジェネレイションズ』で登場。ヴォレガードが操縦するガンマンゾイド。牧場の守り神であり、メタルZi製の弾丸を発射するピストルを装備しているが、弾が貴重なために使用毎にサポート役のバラッツが回収している。

GZ版カラー機

「ゾイドジェネシス」劇中では合体形態のデカルトドラゴンのみの登場となったが、設定上はこのゾイドも復元されているので、パラブレードともども分割する事もできるんだそうな。詳細はデカルトドラゴンの記事にて解説。

キットについて

キットはモーター駆動方式で、単3乾電池1本で駆動。尻部のスイッチを入れると口を開閉させつつ腕を振りながら歩行。背部の4基のプラズマブレードも前後で互い違いに連動可動する。足の裏の歩行補助用のパーツは取り外し可能。

また、本体はバーサークフューラーのように装甲を全て取り外すことが可能で、素体には多数の5mm径ジョイントあり、ワイツウルフと同様に頭部や尻尾の基部も同じ5mm接続なので、ブロックスを用いたカスタマイズが容易に行えるようになっている。

前述の通り別売りのパラブレードと組み合わせてデカルトドラゴンに合体できるが、合体後はデスレイザーやパラブレードの一部パーツが余剰となり、デスレイザーの首と頭部の間にパラブレードの胴体を組み合わせる都合上、歩行時の口の開閉ギミックはカットされる。

キットは店頭販売された通常版の他にも赤の成型色を濃緑に変更したグリーンデスレイザーが存在し、トミー公式の改造コンテストやキャンペーンの景品として配布されていた。

モチーフについて

その禍々しい見た目から誤解されやすいが、本機のモチーフとなったテリジノサウルスは(当初こそ肉食と推測されていた時期があったものの)草食恐竜であり、似たような名前の巨竜とは何ら脈絡はない。外見上の共通点も精々長い爪を持った腕くらいである。

関連タグ

ゾイド ZOIDS パラブレード デカルトドラゴン テリジノサウルス