ピクシブ百科事典

ドミナントの編集履歴

2011-07-27 14:31:51 バージョン

ドミナント

きゃくぶにそうびされたきょだいしゃとつがたへいき

これが…私のドミナントだ。よく見ておくんだな!!

曖昧さ回避

1:アーマード・コア ラストレイヴンで定説された先天的に戦闘の才能がある人間。戦いの天才の事。つまるところ主人公。
2:もしかして→エヴァンジェジナイーダ
3:ロケットだけでナインボール・セラフを倒したり、フラジールにKIKUを当てたり、SOMをVOBパージ後10秒もかからず沈めたり、ラストジナイーダにカスケアセンで挑んで倒たりするプレイヤー達へ送られる称号。1を基にしている。
4:♂

1の概要

ACLRにて、学術的に提唱された存在。先天的に戦うことに才能が有る人間の事。昔から提唱されていたが証明ができなかったため、廃れた学説となっていた。それをインターネサインの存在に気付いたジャック・Oが、この学説に頼り、ドミナントを見つけ出してインターネサインを破壊しようと画策する。そこからACLRのストーリーが始まる。

2の概要

 登場人物であるレイヴン、エヴァンジェは世界統治のためにアライアンスを裏切り、内部からバーテックスを破壊するつもりだった。だが、ジャック・Oからドミナントの事を聞いて元々傲慢であった彼はその言葉に酔いしれた。結果、ドミナントである事を証明する事=最強であると思ったエヴァンジェはレイヴン狩りを始め、最終的にジナや主人公に逆に狩られたり、頓死していたりする。しかし、エヴァルートでの彼の行動はドミナントであると言わざるを得ないかっこよさを持っている。
 一方ジナイーダは公式ではないが、みんなのトラウマことラストジナイーダでの実力から察せる通り本物といえる存在である。彼女自体、ぽっと出のくせに賞金がリム・ファイアーの次に高いというほぼ準主人公的な実力の持ち主だった。そして中枢突入のEDの演出が他と違うことからの彼女のドミナントっぷりが表されている。だが胸はノットドミナント。

3の概要

そういう人たちの事である。ドミナントとして有名な人に「苔桃」という人物がいる。一度彼の戦い方を見てみよう。そしてこう呟くことになるだろう…「これが…選ばれたものの…」

4の概要

二次創作でゲイヴンネタが多いACシリーズでも究極のゲイヴンである「ジャック・O」と「エヴァンジェ」を生み出したこのACLR。その元凶となった音声MAD詰め合わせの「ジナエヴァパンツ」にてエヴァンジェが言った台詞。

「これが、私のドミナントだ。よく見ておくんだな!!」


…これが原因である。そしてその音声MADの時に狙い澄ましたかのように(というか完全に狙っている)背景に見事なドミナントを剃り立てているオラクルの画。想像するに容易い。ドミナントとはそういう意味である。しかしその時のエヴァンジェは付いてないことが判明。何をみせるつもりだったんだエヴァンジェ。それ以降、ナウい♂息子とかTNTN等に代わるアレの代名詞としてドミナントという単語が使われるようになる。今でもAC関連のR-18イラストでもアレの事を黒く塗りつぶして「ドミナント」と表記してる絵が多い。

しかし音声MADのエヴァンジェはジャック・O共々ゲイヴンとして活躍するというよりも、女性を襲ったり、ハブられたり、リンクスの保護者的立場についたりすることが多い。



関連イラスト

1、または2に該当↓

あとは頼んだぞ、レイヴン!



4に該当

センシティブな作品