ピクシブ百科事典

グリム・リーパーマイナソーの編集履歴

2019-09-08 20:14:32 バージョン

グリム・リーパーマイナソー

ぐりむりーぱーまいなそー

『騎士竜戦隊リュウソウジャ―』に登場する、ドルイドン族が生み出したマイナソーの一体。

「ソノママ~…」

CVスーツアクター:矢部敬三

データ

属性/アンデッド型モンスター
分類/データ通信目グリム・リーパー科
身長/185cm~45.3m
体重/286kg~700.7t
分布/インターネットの世界
経験値/423

概要

クレオンが知り合いの動画配信者・アニキン(演:ひょっこりはん)より偶発的に生み出した、幻獣「グリム・リーパー」の伝説を司り、その風貌を得たマイナソー

ローブで身体を覆い、両腕が大鎌となった死神の姿だが、上半身は背中から生えている尻尾と大鎌の形状からにも見える。下半身は蛇の様な意匠が凝らされているが、複数ある緑色の玉には通信マークと髑髏を掛け合わせたマークが書かれている。

宿主とクレオンは動画配信を行う者同士として知り合い、コラボ動画『ドロドロ・シンドローム』を協力して制作する程の利害の無い間柄だったが、その動画が完成した打ち上げの時にクレオンがうっかりアニキンのジュースに自身の体液を混ぜてしまい、それへアニキンが気付かずに飲んでしまった事で誕生した。
更に、宿主は動画が完成した喜びでマイナスエネルギーを出さなかったので、このマイナソーも成長する事が無い特異な存在となった。
その為、誕生後は宿主が昔使っていたパソコンに潜伏していた様子。

しかしワイズルーがこのマイナソーの特性を見抜き、クレオンの動画を見ている人の前に出現させ、その人の魂を抜くと言う作戦を思い付く。
具体的には、動画を見る人から魂を浮かび上がらせた所にマイナソーが分身を端末から出現させ、浮かんだ魂を腕の鎌で身体から切り離すと言う物。そして抜いた魂はワイズルーが肩から鎖で提げた青いツボに集められる。
しかも動画はネットを通して全世界中に拡散しているので、放っておけば全世界の人々の魂がワイズルーの手に落ちる可能性まであった。

不気味な外見とは裏腹に、腕の鎌以外の武器は持っておらず戦闘には不向き。しかし本体はパソコン内の電脳空間より動かず分身を現実世界へ送り込んでおり、その分身を倒しても本体に影響は無い。仮に電脳空間へ乗り込めても分身を送り込んでいる際の本体には攻撃が効かず、拡散した分身が本体へ回帰しなければ本体は実体化しない。

なお「ソノママー!」と鳴くが、本体は実体化した時にしか鳴き声を上げない。因みに本体は最初から巨大な身体を持つ。

活躍

既に誕生してワイズルーに利用されている状態で、クレオンの動画を見た人々から次々と魂を抜いており、ういオトもそれへ巻き込まれていた。
その内、魂を抜いていた分身の一体がリュウソウグリーンリュウソウブラックに見つかり交戦。ほぼ一方的に攻撃を受け、ブラックのディーノスラッシュで止めを刺されるもデータに戻って本体へ回帰した。

程無くして別の分身が動画を見たコウアスナティラミーゴの魂を抜こうとしたが、傍らに居たメルトバンバからの通信を受け対抗。ノビソウルの力を使ったリュウソウケンの攻撃を受けつつもティラミーゴの魂だけは抜き、身体をデータ化して逃走した。

その後、リュウソウゴールドとグリーン・ブラックが女性の動画視聴者の魂を抜こうとした分身を撃破。その際にゴールドが使用したカガヤキソウルでマーキングを付けられ、本体が潜むパソコンのあるアニキンの住むマンションを突き止められてしまう。
しかしカナロ達3人が踏み込んだ際にはアニキンに愚痴を話しに来たクレオンがおり、カナロ達はは逃げ出したクレオンを追い、結局遅れて来た残ったコウ達がアニキンから事情を聞いて、マイナソーの誕生経緯を知った上でそれが潜むパソコンを借り受ける。

マイナソーの性質を理解したリュウソウジャーはコスモラプターの力で電脳空間に突入し直接叩こうとしたが、力を使う為に必要なキシリュウオー=ティラミーゴの魂が抜かれたままその方法が使えない。
そこでリュウソウジャーはワイズルーを強襲、彼が携行していたツボよりティラミーゴの魂を救出。
魂を身体に戻してティラミーゴを復活させ、リュウソウレッドキシリュウオーコスモラプターを完成。リュウソウブルーが持って来ていたパソコン内に飛び込み、電脳空間のマイナソー本体と対峙する。
だが分身を拡散させているマイナソーに攻撃は効かず、キシリュウオーコスモラプターはその場でしばらく攻めあぐねる。その間に現実世界ではワイズルーが残りのリュウソウジャーに動画を見せ、その魂を抜き取ろうとする。

…ところが、肝心の動画はネットより削除されていた。
実は、自身の動画を自分の物の様に私物化した上に、「くだらない」と扱き下ろしたワイズルーに密かに腹が立っていたクレオンが「動画がくだらないなら、もっと良いのを作ればいい」と動画を削除していたのである。
これにより現実世界に干渉する窓口を失った分身は全て本体へ回帰、それにより実体化した所へコスモソウル強竜装したレッドの操作から放たれたキシリュウオーコズミックブレイクを叩き込まれ、「ソノママァァッ!」と鳴きながら爆散。
ワイズルーが携行していたツボもビリビリソウル強竜装したゴールドに壊され、人々の魂も無事解放されたのだった。

余談

経験値の由来は「死神」の語呂合わせと思われる。((4)(2)が(3))

デザインに蠍が組み込まれているのは、タロット『死神』(=グリム・リーパー)が蠍座に関連される事を意識した物と思われる。

スーツはメドゥーサマイナソーの改造。下半身はそのまま流用されたが、上半身に合わせた暗い土気色の色合いにリペイントされている。因みに改造元の宿主も同じく動画配信者である。
また、ワイズルーが所持した魂を集めるツボはデメラン・ヤトミスの持っていた金魚鉢の改造。奇しくもデメランは縮小した人間を金魚鉢に集めていた。

意外にも、“ローブ姿で大鎌を持つ死神”をモチーフにした戦隊怪人は珍しく、救急戦隊ゴーゴーファイブ軟体サイマ獣デスマイン以来となる。

今話でクレオンが歌った「ドロドロ・シンドローム」は実際に音楽配信が決定している。配信は9月9日。

関連タグ

騎士竜戦隊リュウソウジャー マイナソー ドルイドン族
ミイラマイナソーネクロマンサーマイナソー:『死』に関わる幻獣モチーフのマイナソー達。前者は蠍を模した足鎧を装着、後者はあの世に潜んで死者を甦らせつつ、生者をあの世へと引き込んだ(※行動が幹部の指示であったのも共通する)。

リコモ星人ケバキーア:特捜戦隊デカレンジャーの怪人。パソコン内の電脳空間を拠点とし、それと現実世界を行き来出来る能力を持つ(ただし現実世界には長く留まれない)。
地底冥府インフェルシア:魔法戦隊マジレンジャーの悪役。構成員はマイナソーと同じく幻獣等をモチーフとするが、冥府に住む存在である事を強調した『死』を感じさせる外見や姿を持つ。
ヴァグラス:特命戦隊ゴーバスターズの悪役。構成員はほぼ全て、首領の分身と言えるデータ生命体で、関係性が類似する。現実世界とは別の空間から戦力を送り出すのも似ている。
妖怪モクモクレン:手裏剣戦隊ニンニンジャーの怪人で、こちらもネット世界に侵入して人間を攫う悪事を働く。

バグスター:人間に感染するコンピューターウィルスにしてデータ生命体であるライダー怪人その誕生には『死』が大きく関わっている
グリッドマン:マイナソーを利用したワイズルー同じ声を持つ、電脳世界の住人。