ピクシブ百科事典

ナダショックの編集履歴

2019-11-14 20:44:57 バージョン

ナダショック

なだしょっく

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第33話の展開がもたらした衝撃である。

概要

第32話でガイソーグの鎧の呪縛をついに跳ね除け、長らくリュウソウジャーとの確執を乗り越えたナダ。ようやく仲間になった彼は、これからリュウソウジャー7人目の戦士としてレギュラー入りし、ともに戦っていくもの、更にはEDのケボーンダンスに加わるものと予想した視聴者は多かっただろう……





しかし和解回の翌33話、その予想は早々と裏切られる。

リュウソウジャー全員が新たに現れた強敵・ウデンの手に落ち、たった一人残されたナダはようやく自在に変身が可能になった不屈の騎士・ガイソーグとして戦い、決死の突撃でコウを脱出させる。だが、この攻撃で自身も致命傷を負ったナダは、咄嗟にカガヤキソウルを使おうとしたコウを「それよりも皆の命が危ない!」と一喝。コウの腕の中で、彼に後を託すと息絶えてしまうのだった……

そして、ナダの亡骸とリュウソウル、ガイソーグの鎧はコウの新たな装備・マックスリュウソウチェンジャーに変化し、ウデンをも撃破する力を与えたのだった。

ついぞ彼は、カラーから当然予想される「リュウソウバイオレット」を名乗る事も無ければ、仲間との7人同時変身を見せる事も無く、ましてEDのダンスに加わる事も無かった……。

この和解早々のまさかの退場劇は、視聴者に大変な衝撃を与え、「ナダロス」に見舞われる人が続出した模様である。


ナダ役の長田成哉氏も自身のツイートでオールアップと思しき報告をしており、自ら「ナダロス」に言及している……。

余談

物語の演出で考えると、ナダが流血して倒れたシーンで、コウは咄嗟にカガヤキソウルを使おうとしたが、敵であるウデンは体内に取り込んだ、リュウソウ族の力で攻撃している
そして、31話でセトーが語ったように、カガヤキソウルはリュウソウ族同士での負傷を治せないと言う弱点があった。
つまり、カガヤキソウルを使ったとしても、無意味に終わった可能性が十分あったのである。
もちろん、ナダが使用を拒否したのは、その点に気付いた故だったのかは今となっては不明だが、先述のカガヤキソウルの性能に触れたのは、ナダがコウを斬ってしまった時なので、その点を鑑みると何とも皮肉である。
だが、33話の予告などを見ると、ヒントは色々と表示されている。


関連タグ

騎士竜戦隊リュウソウジャー ナダ ガイソーグ
バケニャーンショック:同年に発生したニチアサキッズタイム関係のショック。