ピクシブ百科事典

修羅の国の編集履歴

2019-12-10 23:53:40 バージョン

修羅の国

しゅらのくに

修羅の国とは、漫画『北斗の拳』に登場する架空の地名・国家。

概要

「天帝編」後の主要舞台となる国。
北斗神拳の発祥の地であり、ラオウトキケンシロウの生まれ故郷でもある。

この国は修羅と呼ばれる拳法家たちによって支配されており、力を持つ者のみが名前・結婚・領主権を得る事ができるという恐怖政治がしかれている。修羅となる過程で多くの殺し合いを経験させられるため、男子の生存率は1%。
なお、男子もボロになれば殺し合いに参加せず生き残ることは可能であるが、その身分は極めて低いものとなる。
ちなみに、ボロとは通常戦いに負けて死にきれず、足の腱を切られ二度と戦えない身体にされた男達を指す。
しかし、逆にボロに化けることで敵の懐に潜り込み、野望を果たそうとしたや、ラオウ伝説を信じ、ラオウ到来を待つために身をやつし潜伏していた者もいた。

本編では、ジャコウの息子ジャスク(アニメでは元斗皇拳・緑光のタイガ)にさらわれたリンを救うために、ケンシロウは「死の海」を渡り修羅の国へ向かうことになる。

また、修羅達の長である3人の「羅将カイオウヒョウハンは「北斗琉拳」と呼ばれる殺人拳の継承者であり、ケンシロウはそこで北斗の悲しい歴史と己に課せられた宿命を知ることになる。

実態

上の解説を見ると、非常に強い国家に見える。事実、半人前扱いの砂蜘蛛でさえも、当時最強クラスだったファルコを瀕死に追いやっている(ただし、ファルコは万全とは言えないコンディションだった)。その実力は当時の読者を震え上がらせたことだろう。
が、修羅がまともに強かったのはここまでである。砂蜘蛛が『名を許された修羅は俺より強い』と断言した後初めて登場した名前のある修羅『自分は相手を選んで戦い、戦った相手はすべて二分以内に倒した』と豪語した後逆に自分が二分以内に倒された。
その後はカニとかムカデっぽい変な修羅(しかもお世辞にも強いとは言えない)が登場し、しまいにはどう見ても拳法家に見えないただの中国人のオッサンっぽい修羅まで現れる始末。サモトに至っては拳法家というより貴族である。
アニメ版はさらに酷く、群将という高い地位にある修羅が過去に砂蜘蛛に部下を皆殺しにされ自らも片目片腕片足を失う重傷を負い這う這うの体で逃げだした海賊赤鯱にタイマン勝負で敗北したり、羅将ヒョウの主戦力とされる機甲師団に所属する修羅達が拳法を取得していない流れ者のロックとその仲間数人にボウガンや短剣等で大勢殺されたりしていた。
更に言うと、羅聖殿の復旧作業に駆り出された多数の人々は普通に歩いて作業をしているのでボロではなく普通の村人であり、全ての男子が修羅になる事を強いられていた訳ではない事は明白である。

彼らを見ると、本当に男子の生存率1%の厳しい世界だったかは疑わしい。
確かにカイオウ・ヒョウ・ハンの三人は北斗琉拳の継承者だけあって非常に強いし、砂蜘蛛も実力者であることは間違いないのだが、それ以外のほとんどの修羅はいつもの雑魚と大して変わりはない。
世紀末の厳しい環境が修羅の国の外の人々を修羅の国並に強くしてしまったのか、それとも修羅の国の上記の掟がハリボテだったのかは定かではない。
もっとも「男子の生存率1%」はファルコの口から語られたのみでケンシロウが修羅の国に渡った後に言及される場面はなく、本来は修羅の国の一部の地域でしか行われていない修羅制度の苛烈さが誇張されて伝えられた可能性もなくはないが。

別の使い方

上記の原典から転じて、きわめて治安が悪い地域のたとえに使われる。「世紀末状態」もほぼ同義。
日本国外ではソマリアヨハネスブルグ、国内ではグンマー福岡県がこう呼ばれるが、道端に手榴弾が落ちている福岡県はともかく、群馬県はグンマーネタが転じただけで、特段治安が悪いわけではなく、完全なる風評被害である。

また、粗製乱造の思想が強くクソゲーが多いアダルトゲーム業界のことをこう呼ぶことも多い。
はたまた、格ゲー界の修羅が集う某ゲームセンターも指すことも。北斗もよくプレイされているので親和性は抜群。

関連項目

北斗の拳
修羅 羅将 羅刹
北斗神拳 北斗琉拳
ケンシロウ ヒョウ 
トキ ラオウ カイオウ サヤカ
ハン ヌメリ
中国(修羅の国の正体とおもわれる国)

架空国家