ピクシブ百科事典

ショックガンの編集履歴

2020-04-10 08:53:25 バージョン

ショックガン

しょっくがん

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。稲妻状の光線を放つ光線銃。相手を傷つけずに気絶させる事が出来る武器

原作短編ではマンモスに襲われそうになっていたのび太を助ける為にドラえもんが発砲している。
このことから分かる通り、威力を調節すれば大型の動物相手にも十分通用する。鉄人兵団等の様なロボットでも倒すことが出来る(精密機械なので回路等を破壊していると思われる)が、『アニマル惑星』に登場したニムゲのように、防護服等を着て身を守っている相手には効かない場合もある。

新魔界大冒険』ではなんと、迫り来る隕石を一撃で消滅させている。『映画ドラえ本 のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~ 公式ガイドブック』では生物以外の物体に対しては相当の威力を発揮すると説明されている。すなわち無生物に限定して言えば、空気砲を遥かに超えた破壊力を持つと言える。

そして更に恐ろしいのは、撃つ対象を間違えれば周囲を一瞬で更地にしてしまう破壊兵器が、22世紀ではデパートで普通に販売されており、子供の小遣いレベルの金額で購入出来るという事実である。おい規制しろよ!

大長編映画版では、戦闘シーンでドラえもんがよく「空気砲」と共に取り出しているレギュラーひみつ道具である。
主に射撃を得意とするのび太が使用しているが、実は大長編・映画版で最初に使用したのはスネ夫で、『大魔境』にて犀を気絶させている。『ドラえもん』を題材としたゲーム作品にも武器として多く登場している。
初期装備のチャンピオングローブがほぼ産廃であるため、使いやすいショックガンは空気砲を得るまでのつなぎとして有用。
なお、作品ごとに形状が異なり、原作でもアニメでもデザインが安定していない。現在、水田わさび版のアニメ・映画のデザインでは、青色の光線銃となっている。

ひみつ道具ではないが、『宇宙開拓史』に登場するロップルが所有する銃も「ショックガン」と呼ばれている。こちらも光線を放ち相手を気絶させる銃である。

同じ作者のT・Pぼんではタイムパトロールの常用武器になっており、こちらはかなりごつい外見をしている。

その他のショックガン

宇宙戦艦ヤマト』では実弾兵器としてこの名が使用されたが、後にショックカノンに変更された。

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具

外部リンク

ショックガン - Wikipedia