ピクシブ百科事典

麻薬チームの編集履歴

2020-04-22 15:32:07 バージョン

麻薬チーム

まやくちーむ

『ジョジョの奇妙な冒険』第5部の外伝小説「恥知らずのパープルヘイズ」でその詳細が判明した麻薬を取り扱っているグループ。

概要

ジョジョの奇妙な冒険第5部「黄金の風」に登場するギャング組織「パッショーネ」の麻薬の製造や取引を行っている部隊。

当初は設定のみでその詳細は明らかになっていなかったが、(公式設定ではないものの)後日談を描いた スピンオフ小説『恥知らずのパープルヘイズ』でその全貌が明らかとなった。

それによれば、莫大な利益を齎す部隊であって(ただし、組織の設立当初は麻薬の取扱いそのものが禁じ手だったらしい)パッショーネ設立当初以前から活動していた大物マフィアのコカキをリーダーとした総勢4名という少数精鋭部隊である(コカキとチームの中核人物マッシモを除いてとても「精鋭」には見えないが)。

ちなみに麻薬を取り扱っているという事もあって、ボスを倒す前まではブチャラティはなるべくあまり関わりたくないと思っていた様子。

ディアボロの死後、パッショーネの負の遺産として追われる立場に陥り、フーゴを始めとする様々な理由で組織から信用を失った組織の者たちが、その“証明”を示すために身を隠した彼らを血眼なってその行方を捜査している。

アニメ版では存在のみが語られており、ギアッチョからは「麻薬を扱う連中」と呼ばれていた。


……繰り返して言うが、公式設定ではない。ジョジョのスピンオフ小説の中では高い評価を得ている方だが、中にはブチャラティが命を懸けて撲滅しようとした麻薬が『実はたった一人の手で作られていた』という設定を嫌っているファンも存在するため、『恥知らずのパープルヘイズ』や麻薬チームの話題の際はその点に気を付けなければならない。個人で好きか嫌いかはもちろん自由である。

メンバー

リーダーのコカキを除き、全員が退廃的な人物である。
地位や金への頓着もあまり見せず、生きる目的も希薄だが、仲間意識だけは酷く強固なものを持つ。


ヴラディミール・コカキ
麻薬チームのリーダー。70歳。パッショーネが結成される前から裏社会で活動していた大物マフィアで、曲者揃いのメンバーをまとめ上げるだけのカリスマ性を持つ。ジョルノからも敵でありながら高く評価されている程の人物。
普段は物静かだが、自分たちに敵対する者は皆殺しにするという非情な一面を持つ。

マッシモ・ヴォルペ
麻薬チームの要を担うスタンド使い。元貴族の青年で、フーゴの大学時代の友人。コカキ曰く麻薬チームは彼の為の部隊である。
彼が生まれた時には既に家柄が没落しており、荒んだ家庭環境の影響もあってなのか夢や希望を持たず、何事にも無気力で退廃的な性格をしている。その精神性を反映してか、“麻薬を製造できるスタンド能力”を身に付けている。その危険度の高さから本作でジョルノから出される司令は「マッシモの殺害」がメインであり、他の麻薬チームメンバー全員を取り逃しても彼だけは始末しろと命令が下されている。

アンジェリカ・アッタナシオ
チームの紅一点で、まだ幼さの残る少女。重度の麻薬中毒者。
血液が「ささくれ立つ」という奇病に体を蝕まれており、その激痛を和らげるためマッシモが作る麻薬に酷く依存している。

ビットリオ・カタルディ
全体に自傷の痕があり、ちぐはぐで退廃的な言動が特徴的な少年。自身のスタンド能力と自傷行為の為に全身が傷だらけとなっており、何処か精神的に破綻している雰囲気を醸し出している。

関連項目

ジョジョの奇妙な冒険 恥知らずのパープルヘイズ 黄金の風 
護衛チーム ボス親衛隊 パッショーネ幹部 パッショーネ 麻薬