ピクシブ百科事典

ユアン・カーフェイの編集履歴

2020-04-24 01:19:07 バージョン

ユアン・カーフェイ

ゆあんかーふぇい

バンダイナムコのゲーム『テイルズオブシンフォニア』及び続編の『ラタトスクの騎士』に登場するキャラクター。

身長:188cm、体重:78kg
CV:森川智之

概要

女神マーテル復活を阻止する為に、クルシス及びディザイアンと敵対するレネゲードのリーダーであるハーフエルフの男性。
ロイド達とも敵対していたが、後にミトス以来の召喚士であるしいなの力が必要になった為、利害の一致から協力関係になった。

その正体はクルシスの頂点に立つクルシス四大天使のひとりであり、4000年前の古代大戦の四英雄のひとり。同じく四大天使であるユグドラシルクラトスとは古代大戦を終結させた仲間であり、また四大天使にしてマーテル教の女神とされているミトスの姉マーテルとは恋人同士だった。

自信家で皮肉屋。一方で、ドジッ子として有名でサブイベントでロイド達と出会った際は、落とした婚約指輪を探しているところだった。続編の『ラタトスクの騎士』のスキットでも「幸薄そう」「運がない」と言われている。また詰めの甘さもあるものの、800年に渡りレネゲードを率いてクルシスと敵対していた手腕は紛れもないものである。

4000年前はシルヴァラント軍に所属しており、ハーフエルフが迫害される現状を打開するために奔走するミトスとマーテルの挫折を見届ける為に同行するようになったが、旅の中で彼らの理想に感化されるようになり、マーテルとは恋仲にまで発展する。
しかしミトスが世界をふたつに分けて大戦を終結させ、大樹カーラーンの種子である「大いなる実り」を発芽させてマナを供給しようとするも、マーテルは「大いなる実り」の独占を狙った人間たちに殺害され、その精神は「大いなる実り」に取り込まれてしまった。
ミトスは姉を失った悲しみと人間達への憎しみから世界を支配する独裁者に成り果て、クルシスを創りマーテルの遺言を歪めて捉えてマーテルを復活させようとしていたが、ユアンはマーテルの望みではないとしクルシスを密かに裏切っていた。小説版ではかつてはミトスと同じようにマーテルの復活を願っていたが、ミトスが「人間牧場」の制度を作った事でミトスを見限った。
作中のユアンの行動は、すべてはマーテルの本当の願いを叶える為、また4000年間精神だけの存在で「大いなる実り」に囚われ続けているマーテルを解放し、永遠の眠りを与える為である。

ミトスとロイド達との戦いが終わった後、クラトスはデリスカーラーンと共に果てなき旅に出たのに対し、ユアンは地上に残り新たに生まれた大樹と大樹の精霊マーテル(ミトスの姉マーテルと歴代の神子達の魂が融合し、人形のタバサに宿った存在)を守る守人になった。
フルネームは『ラタトスクの騎士』で判明した。
戦闘では自身の身の丈を超えるダブルセイバーを振るい、インディグネイション等の雷系術技を使用する。

外伝作品出演


2020年3月のシンフォニア単独の古代英雄イベントでマーテルと共に参戦。古代英雄が遂に揃う。

ティル・ナ・ノーグに具現化されたのは、『ラタトスクの騎士』の時代(あるいはその少し前)のユアン。
アスガルド帝国は精霊マーテルの具現化を試みるも、具現化させたアセリア領(『ファンタジア』)の精霊マーテルは姿を消してしまい帝国は捕縛できなかった。そこでテセアラ領、即ち『シンフォニア』と『ラタトスクの騎士』の精霊マーテルを具現化させようとするも完全に具現化できず、大樹の守人となっていたユアンも巻き込まれる形で具現化された。

ユアンにとっては『シンフォニア』での戦いも、かつての盟友達との因縁も既に終わった過去のものであり、死んだ筈のミトスとマーテル、もう二度と会えない筈のクラトスとの再会に心の折り合いがつかず、戸惑いを隠せないでいた。その為ミトスやクラトスに対して『シンフォニア』の時のような敵意はなく、懐かしむように軽口を言い合っている。
ミトスとクラトスもまたユアンの態度から彼が自分たちよりも未来の時間軸から来た事、少なくともその時代のユアンの中で自分たちはもういない事を察している。

後に現状を受け入れティル・ナ・ノーグの住民として生きることを決め、元の世界では終ぞ言えなかったマーテルへのプロポーズをし、彼女や友と新しい関係を築いていくことにした。

本作で、爆雷球、狩雷牙、ライトニングブラスター、ダブル・ライトニング、業爆雷陣を新術技として習得。
魔鏡技は、「天翔雷斬撃」「雷神荒閃慟」

関連タグ

テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士 ハーフエルフ