ピクシブ百科事典

ドツクゾーンの編集履歴

2020-05-14 12:27:58 バージョン

ドツクゾーン

どつくぞーん

「ふたりはプリキュア(無印及びMH)」の敵組織の名称。

概要

ジャアクキングが統べる闇の世界。「虹の園」(人間の世界)とは別次元に存在する。
ふたりはプリキュア』(以後、無印と表記)では、「生命の石=プリズムストーン」を光の精霊から奪うために人間の世界に侵攻しており、精霊たちの守護戦士であるプリキュアと激闘を繰り広げた。

ふたりはプリキュアMaxHeart』(以後、MHと表記)では、無印最終回で消滅したジャアクキングを復活させ、そして光の精霊たちの長であるクイーンの復活を阻止するために、打倒プリキュアを目指す。

打倒プリキュアを組織として掲げても、各戦士たちが己の手柄を挙げることに躍起になっているせいで、お互いに罵り合ったり、足を引っ張り合ったりと、メンバー同士の仲は決してよくない。
プリキュア相手にチームワークをもって共闘することも少なかった(例外的に種の三者は共闘が基本だった)。
プリキュア敵組織の基本的なスタイルは『ふたりはプリキュアSplash☆Star』以降でも踏襲することになる。

倒された戦士は跡形もなく消滅するが、この現象について作中では「闇の世界に還った」という表現がなされている。
最初の刺客であるピーサードを倒した時、キュアホワイトが相手を殺めたのではないのかとショックを受けた際、メップルがそのように説明した。
「闇の世界に還る」というのがどういった状況なのかは不明だが、少なくとも人間の世界や光の園に姿を表すことができなくなるのは間違いない。

構成員

上層部

ジャアクキング(声:小野健一洋館の少年(声:寺田はるひ
【プリキュア】☆Shining Star☆【祝15周年】
クリスマスの準備
ドツクゾーンの頂点に君臨する「闇の帝王」。「闇」という概念から生まれた存在。第1シリーズではプリキュアによって2回倒されている。第2シリーズ終盤では洋館の少年を吸収して再々度復活を果たすが、最後は彼女たちの浄化技を受けて完全に消滅した。第2シリーズで登場。ジャアクキングの「命」が具現化した存在で、ドツクゾーンではジャアクキングと同じように慕われている。最終決戦ではジャアクキングに吸収されるが、最終回では九条ひかりの弟として再登場を果たし、「九条ひかる」という名前を与えられた。


闇のファイター

第2シリーズから登場する4人の幹部たち。

サーキュラス(声:上別府仁資ウラガノス(声:高木渉
シャイニールミナス!!!
プリキュア合作企画用絵 ウラガノス
洋館の少年に仕える闇のファイターの一員。4人いる闇のファイターの中では参謀的な役割を担う。最終決戦ではプリキュアとの激闘を繰り広げるが、最後は彼女たちの浄化技を受けて消滅した。洋館の少年に仕える闇のファイターの一員。戦闘の際には巨体を活用したパワー型の攻撃を行う。最終決戦ではプリキュアとの激闘を繰り広げるが、最後は彼女たちの浄化技を受けて消滅した。
ビブリス(声:小林愛バルデス(声:小野健一)
ビブリスさん
すべてを呑み込む闇の力
洋館の少年に仕える闇のファイターの一員。洋館の少年と関わろうとする九条ひかりを徹底して警戒している。最終決戦ではプリキュアとの激闘を繰り広げるが、最後は彼女たちの浄化技を受けて消滅した。洋館の少年に仕える闇のファイターの一員。中盤から活動を開始する。その正体はジャアクキングの表向きの姿で、終盤ではジャアクキングとしての正体を露にし、プリキュアとの最終決戦に挑む。

3人の闇の戦士

第1シリーズの後半で登場する3人の幹部たち。

ジュナ(声:松本保典レギーネ(声:深見梨加
角澤くん
11/6ワンドロ
ジャアクキングの種から誕生した闇の戦士。普段は角澤竜一郎という壮年男性の姿で生活している。ジャアクキングに疑問を抱くベルゼイの考えに賛同し、最終的にはベルゼイたちと合体して「巨人」へと変貌する。ジャアクキングの種から誕生した闇の戦士。普段は小山翔子という青年女性の姿で生活している。ジャアクキングに疑問を抱くベルゼイの考えに賛同し、最終的にはベルゼイたちと合体して「巨人」へと変貌する。
ベルゼイ・ガートルード(声:西村知道巨人(声:西村知道)
ベルゼイが本気になったようです
No Image
ジャアクキングの種から誕生した闇の戦士。普段は結城玄武という老年男性の姿で生活している。最終的にはジュナやレギーネと合体して誕生した「巨人」としてジャアクキングに立ち向かう。第1シリーズの終盤で登場。ジュナ、レギーネ、ベルゼイが合体した闇の戦士。人格はベルゼイが主導する。ドツクゾーンの支配者になって自由を得ようとするが、最後はジャアクキングに吸収される形で消滅した。

ダークファイブ

第1シリーズの前半で登場する5人の幹部たち。

ピーサード(声:高橋広樹ゲキドラーゴ(声:石井康嗣
\15周年おめでとう/
※ふたりはプリキュア
ジャアクキングに仕えるダークファイブの一員。歌舞伎役者のような姿が特徴。最初にプリキュア打倒の任務に就く。最後通告を受けてプリキュアとの決戦に挑むが、最後は彼女たちの浄化技を受けて消滅した。ジャアクキングに仕えるダークファイブの一員(イラストの後ろ側)。体操選手のような姿が特徴。殉職したピーサードの後任として活動を開始する。最後通告を受けてプリキュアとの決戦に挑むが、最後は彼女たちの浄化技を受けて消滅した。
ポイズニー(声:雨蘭咲木子キリヤ(声:木内レイコ
落書き
キリヤくん
ジャアクキングに仕えるダークファイブの一員で、キリヤの姉でもある。殉職したゲキドラーゴの後任として活動を開始する。最後通告を受けてプリキュアとの決戦に挑むが、最後は彼女たちの浄化技を受けて消滅した。ジャアクキングに仕えるダークファイブの一員で、ポイズニーの弟でもある。人間界では「入澤」の姓を名乗る。ポイズニーと同時期に活動を開始させるが、プリキュアとの交流により自ら消滅する道を選ぶ。
イルクーボ(声:二又一成
[プリキュア] ダークファイブ・イルクーボ!!
ジャアクキングに仕えるダークファイブのリーダー格。殉職したポイズニーの後任として活動を開始する。プリキュアの浄化技を受けて一端消滅するが、その後は闇の力を蓄えて復活を果たし、最後はジャアクキングに捨て駒にされて消滅した。

その他

魔女(声:勝生真沙子フリーズン(声:草尾毅)、フローズン(声:檜山修之
プリキュアキャラに水着を着せるのが流行っているようなので
ミルキィローズのお師匠さんたち
映画版1作目のキャラクター。ドツクゾーンに属する魔女。プリキュアに倒されたジャアクキングの復活を目論む。「希望の園」を襲撃してプリキュアを始末しようとするが、最後は彼女たちの浄化技を受けて消滅した。映画版2作目のキャラクター(イラストの両端)。ドツクゾーンに属する2人組の氷の戦士。ジャアクキングが復活する前に世界を得ようと目論む。「雲の園」を襲撃してプリキュアを始末しようとするが、最後は彼女たちの浄化技を受けて消滅した。


怪物・執事

ザケンナー(声:上別府仁資→滝知史執事ザケンナー(声:小松里歌(A)、滝知史(B))
VSザケンナー
フレッシュドツクゾーン!
ドツクゾーンが使役する怪物。「怒れる天空の妖気」が素となり、物体・生物に憑依して誕生する。プリキュアに浄化されると「ゴメンナー」へと変化して散り散りになる。ドツクゾーンの執事として登場する2人組の人型ザケンナー(イラストの後ろ側)で、言葉を話せる存在。第1シリーズでは3人の闇の戦士に仕え、第2シリーズからは洋館の少年闇のファイターに仕える。


ピーサードの協力者

ポンメルン(声:横島亘
ぐらぶるらくがき
ゲームアプリ『グランブルーファンタジー』のキャラクター(イラストの左側)。エルステ帝国に所属する軍人。自分たちの野望の為にピーサードを復活させるが、彼の「ジャアクキングを復活させる」という野望に付きあわされる。ピーサードの力でザケンナーを召喚する能力を与えられている。


プリキュアシリーズ屈指の人数

歴代の敵で唯一2年間続けてプリキュアと戦い続けただけあって、歴代の敵でメンバー数が最多なのは、2000年代の敵に限ればドツクゾーンである(2010年代に限れば最多はクライアス社。姿と名称不明なメンバーを含めれば幻影帝国の方が多く、終わりなき混沌が後に並ぶ一方、キラキラ☆プリキュアアラモードに至っては悪い妖精が元々メンバーとは言えないので除外)。

ジャアクキングを含めてTV版で登場したメンバーだけでも12人(少年とバルデスはジャアクキングと同一存在であるから)。
派生作品における劇場版の魔女、フリーズン・フローズン、ゲーム版のハカセを含めると16人となる(クライアス社も同じく16人)。

関連タグ

プリキュアの敵一覧

プリキュア歴代敵組織

ドツクゾーンダークフォール