ピクシブ百科事典

ドリアスピスの編集履歴

2020-06-12 08:56:55 バージョン

ドリアスピス

どりあすぴす

古生代デボン紀の前半期に生きていた顎のない魚。名前の意味は「槍を持ったこうら」。

概要

大きさ15センチくらいの魚で、横に突き出した大きな胸びれと長い口先が特徴的。
この口吻はサヨリのように口の下側が伸びたもので、武器ではなく水中の有機物やプランクトンなどを効率的に食べるのに役立てていたようだ。

関連タグ


 
プテラスピス

スティルアーマースティラコサウルス+ドリアスピスのキメラブロックス