ピクシブ百科事典

ガイ班の編集履歴

2020-06-21 00:19:26 バージョン

ガイ班

がいはん

ガイ班とは、岸本斉史による漫画『NARUTO』に登場する所属する人物に対して使用される用語。

概要

第三班とも呼ばれる。マイト・ガイを長とするフォーマンセル。
うずまきナルトたちよりも一期上のメンバーで中忍試験で知り合うこととなる。
ガイは当初、班結成直後の中忍試験に教え子たちを推薦しようと考えていたが、リーが自身の実力不足を理由に参加を辞退すると、ネジとテンテンも辞退し、三人揃って試験を受けるために見送ることとした。

リーは身体の外側にダメージを与える近接戦闘の剛拳の使い手で、ガイから班内で唯一八門遁甲を継承する素養を認められる。
ネジが身体の内側にダメージを与える近接戦闘の柔拳に加えて白眼による探知を担う。
テンテンは時空間忍術を用いた武器による近距離・中距離戦闘に加えて時空間忍術の応用によるリーとネジのサポートを担っている。
体術に秀でた近接戦特化のチームであるがネジの探査能力、テンテンの時空間忍術の利便性の高さなどから任務を選ばない汎用性の高い班となっている。

ロック・リーの青春フルパワー忍伝ではロック・リーを主人公としてガイ班が中心となって描かれている。

第四次忍界大戦では、ネジが戦死、ガイうちはマダラとの戦いで、忍者として再起不能となる重傷を負うなど、特に損害が大きかった。

メンバー 


関連タグ

NARUTO 木ノ葉隠れ 第三班
マイト・ガイ ロック・リー 日向ネジ テンテン
ロック・リーの青春フルパワー忍伝