ピクシブ百科事典

ミニバンの編集履歴

2020-06-24 01:09:06 バージョン

ミニバン

みにばん

乗用車の形状の一種で、基本的に3列シートを備えたハッチバックワゴン型車を指す。

概要

日本においては基本的に国土交通省による基準に基づいて、3列シート以上で2ボックス(車内空間がエンジンルームと座席・荷室で構成される)構造のハッチバックワゴン型車を指す。

元々は、アメリカダッジ・キャラバンやシボレー・アストロが登場した際に、当時主流だったフルサイズの「パッセンジャーバン」より小型という事で使われ始めた名称であった。これが日本に入ってきた際に「多人数が乗車できる乗用車全般を指すジャンル」として定着してしまった。
ちなみに欧州では同様の物を「モノスペース」や「ピープルムーバー」など呼ぶ。

最大の特徴は、車内容積が大きく一般乗用車としてはトップクラスの人員・荷物搭載量を誇る点である。また構造上の都合から日本で市販されるモデルのほとんどがFF方式である。

先述以外のメリットとして、
・頭上や足元の空間を確保しやすく、車内の移動や座席の角度調整がしやすい。
ステーションワゴン型は先頭部のクラッシュブルゾーンが大きく、重量型の場合はボディ剛性が増してそれぞれ衝突耐久性が比較的高い。
・衝突やスリップ時に比較的横転しにくい。
・ステーションワゴン型以外は長距離移動に向いている

一方でデメリットとして、
・車重が重くエンジンも強力化されやすいので燃費を抑えにくくなる。
・車重に加え大半がFF車である事から悪路で足元を取られやすく、急坂での登りも苦手。
・小回りがしづらく、ステアリングや加減速の反応も遅い。
・車高が高いものは高速走行時や強風時でブレやすく、機械式駐車場や低い高架下をクリアできない場合が多い。
・座席内へのエンジンの騒音や路面の振動を拾いやすい。
・スポーツ走行に向いていない。
などが挙げられる。

内装のグレードや、全長・車高の高さなどのサイズが多様である。

関連項目

自動車 乗用車 ワゴン
ワンボックスカー ステーションワゴン