ピクシブ百科事典

ジャングレイダーの編集履歴

2020-06-24 23:58:28 バージョン

ジャングレイダー

じゃんぐれいだー

ジャングレイダーとは、『仮面ライダーアマゾンズ』に登場するライダーマシン。

概要

野座間製薬が密かに開発していたアマゾン専用マシン。所謂ライダーマシン

仮面ライダーアマゾンジャングラーに似たデザインで、初代のジャングラーに比べ翼の部分が極端に縮小されている。
エンジン音とともに唸り声のような音を発しており、アマゾン細胞が使用された「生きているマシン」である可能性がある。
搭乗したアマゾンがハンドルである「ライドハンドラー」を握ることで、アマゾン細胞を介して意識を同調させ、バイクの搭乗経験がなくてもイメージ通りに走行させることが可能となる。
このマシンに乗り込んだ状態で繰り出す突進攻撃(俗に言うライダーブレイク)は凄まじい破壊力を誇り、劇中ではモズアマゾン強化体を一撃で木っ端微塵に粉砕している。

水澤令華の計らいで、「駆除班に補充要員として投入される新たなアマゾン」という立場になった水澤悠仮面ライダーアマゾンオメガに託された。

ネオジャングレイダー

たのしいがった場所にいくよ!


こちらは千翼仮面ライダーアマゾンネオが使用する専用マシン。複眼状のヘッドライトが黄色い点以外は、アマゾンオメガが搭乗しているジャングレイダーと同じ。
恐らく4Cから逃亡する際に盗んできたものと思われる。4Cに戻った後もそのまま使用している。

余談

機体は仮面ライダーギルスの専用マシン・ギルスレイダーの改造。
ギルスのスーツは既に腐敗してしまって存在しておらず、残されたギルスレイダーも「このまま腐らせておくよりは」という白倉プロデューサーの判断により、ジャングレイダーへと生まれ変わる事となったのである。

関連タグ

仮面ライダーアマゾンズ ライダーマシン ジャングラー

仮面ライダーアマゾンオメガ 仮面ライダーアマゾンネオ

ギルスレイダー