ピクシブ百科事典

蔵内和紀の編集履歴

2020-08-12 10:16:55 バージョン

蔵内和紀

くらうちかずき

蔵内和紀とは、ジャンプSQ.で連載中の漫画『ワールドトリガー』の登場人物。

「誘導炸裂弾」

プロフィール

ポジションシューター
年齢18歳
誕生日9月3日
身長181cm
血液型A型
星座おおかみ座
職業高校生
好きなもの鯛茶漬け、親子丼、かぶの千枚漬け、水族館
家族父、母


概要

ボーダー本部所属B級5位王子隊隊員のシューター。
B級ランク戦ROUND6「生駒隊VS三雲隊VS王子隊」で初登場。

人物像・活躍

前髪を左右に分けたダンディな青年。
王子のマップ決定に反発する樫尾を諫め、王子の考えを聞くよう促すなど冷静な性格であることが窺える。一方で意外と負けず嫌いなようで、王子の影響で始めたチェスに勝つためにコソ練している。
ロボットのような顔つきに反してめっぽう涙もろいらしく、作者からは「卒業式大丈夫か?」と突っ込まれている。
写真撮影が趣味らしく、王子隊の作戦室には蔵内が趣味で撮った写真が飾られている。

進学校で生徒会長を務めており(副会長は嵐山隊綾辻)、同じ進学校に通う同い年の荒船犬飼からは「会長」と呼ばれている。一時期綾辻と付き合っているという噂が流れたが、双方が笑顔で否定したらしい。

元々は王子と共に弓場隊に所属していたが、共に独立し現在の王子隊を結成した。

トリガーの仕様にかなり造詣が深く、自身の専門であるハウンドはもちろんのこと、攻撃手用のスコーピオンやオプショントリガー・グラスホッパーについても豊富な知識を持っている。情報収集にも余念がなく、自分のチームに狙撃手がいないにも関わらず、直近の狙撃手の合同訓練の結果も把握している。ランク戦の解説を務めた際はその知識を遺憾なく発揮し、ボーダーの戦闘員の中でも最古参に当たる小南が舌を巻き、遊真が使った曲がるブレード投げの仕組みも完璧に理解し、「ブレード乱反射」の対処法を解説で話した時には小南が「蔵っち以外誰も知らないんじゃない」と言うほどだった。

初登場のB級ランク戦ROUND6では、早々に王子と合流し、ワイヤーを張るを捜索。樫尾が修のワイヤーを発見し、生駒隊南沢と交戦を開始すると合成弾で南沢の撃破を援護した。
そのまま樫尾と合流し、チーム全員で修を追うが遊真千佳の連携で足に狙撃を受けてチームの売りである機動戦を封じられる。更に生駒隊の乱入によって混戦状態となった所を遊真の奇襲でベイルアウトした。

ROUND8では影浦隊東隊と対戦し、東隊の新たに弾トリガーを使用した戦術に苦戦。勝利を逃してしまった。
試合後は王子・小南と共に夜の部の解説を担当した。

戦闘能力

ポジションは射手で、主にハウンドを使用する。
全員ハウンド持ちの王子隊の中でも中距離戦の要を担っており、さすがに射程や弾速では狙撃手に劣るが射手としては充分な力を有している。
難易度の高い合成弾も難なく使いこなす実力者で、作中で初めてメテオラとハウンドの合成弾であるサラマンダーを使用した。

トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
ハウンドハウンド
アステロイドFREE TRIGGER
シールドシールド
メテオラバッグワーム


余談


作者のキャラ評

爆殺生徒会長【クラウチ】
進学校で生徒会長を務める丁寧な真ん中分け(副会長は綾辻さん)。荒船や犬飼からは「会長」と呼ばれている。一時期 綾辻さんと付き合っているというウワサが流れたが、双方笑顔で否定した。ロボットみたいな顔つきに反してめっぽう涙もろく、ベッタベタな泣かせの演出でまんまと落涙する。卒業式大丈夫か?王子と同じく元・弓場隊。

(JC19巻 カバー裏より)

関連タグ

ワールドトリガー
王子隊 王子一彰 樫尾由多嘉 橘高羽矢
弓場隊 弓場拓磨 藤丸のの 神田忠臣
綾辻遥 荒船哲次 犬飼澄晴