ピクシブ百科事典

剣盾ショックの編集履歴

2020-08-15 05:45:59 バージョン

剣盾ショック

けんたてしょっく

E3の裏で明らかになった、今後のポケットモンスターシリーズにも影響しかねない、運命の分岐となった事件。

この記事自体がポケットモンスター ソード・シールド、あるいはシリーズ全体に対して問題を提起する為に作成されたものでしたが、憶測や極端な書き込みが多く、過激なコメントが見受けられるようになったため記述を大幅に省略化いたしました。今後加筆する場合、個人的な憶測や第三者の意見を書き込むことは控えるようお願いします。
ポケットモンスターシリーズを純粋に楽しみたい方や、この一連の騒動は知っていても特に問題視していない・そこまで共感出来ない、ゲームフリークおよびスタッフの方々にヘイトを感じているという方はブラウザバックを推奨します。

発端

2019年6月11日、アメリカ、ロサンゼルスで行われたゲームのプレゼン発表会「E3 2019」。
その中で任天堂ニンテンドーダイレクトを通して、2019年11月に発売される最新シリーズ、ポケットモンスターソード・シールドの新情報を発表した(なおタイトルが英語である事からも解る通り北米を中心とした海外向けの動画であり、日本へ向けて発表されたわけではない)。

新しいポケモンや広大で綺麗なフィールド等が報じられたが、そんな映像が吹き飛ぶ程の衝撃事実が増田順一氏から発表された。

それが以下の発言である。

これまでのポケモンシリーズは全種類のポケモンを
ポケモンバンクから連れてくる事ができました。

でも、ニンテンドースイッチに移行してから
ポケモン一匹ずつに対する表現が非常に豊かになりました。
そしてポケモンは800匹を超えています。

一匹ずつのクオリティを大事にして、バトルバランスも取って
限られた開発時間でお届けする為に
長い間議論を重ねた結果、
ポケモンホームとソードシールドの間を行き来できるポケモンを
ガラル図鑑に登場するポケモンに絞る事にしました。

これを受け、「互換切り」という言葉が拡散していった。

なお、後のファミ通インタビュー内にて「今後はそのソフトに合ったポケモンを連れて行けるようにする」「アップデート等については未定」という旨が語られたが、発売以前及び発売から数ヶ月間はこの「未定」を「大幅アップデートの予定はない」と解釈する向きが主流であった。
ほとんどのプレイヤーが剣盾そのものには図鑑に掲載される400種ほどのポケモンしか連れていけないものと考え、「それ以外のポケモンは今後完全に本編ゲームから姿を消す(比喩ではなく言葉通りの「リストラ」)」とか、「剣盾とは別に出るゲーム(DPtのリメイク等)になら、残りのポケモンも出られるのではないか」という風評が飛び交った。

が、2020年1月にポケモン剣盾の大幅なアップデートと、それに合わせた剣盾に連れて行けるポケモンの種類の拡張(約200種類の追加)が発表され、プレイヤーたちの予想は覆ることになる。

関連タグ

  • ポケモン剣盾
  • 黒いゲーフリ:やはりこう感じてしまうユーザーもいるとか。とはいえ本来「黒いゲーフリ」ってそういう意味ではあまり使われないのだが…
  • 6.11事件:表記揺れ。かつてはこちらの方が広まっており、本記事でも使われていた。