ピクシブ百科事典

ミニバンの編集履歴

2020-08-15 14:57:32 バージョン

ミニバン

みにばん

基本的に3列シートを備えた、車高の高い2ボックス型車を指す。

概要

日本では基本的に3列シートを備える2ボックス車が「ミニバン」と呼ばれる。

なお、ミニバンの「ミニ」には「小型」という意味はすでにないと解され、乗用車としてはどんなに巨大でも「ミニバン」である。また「バン」(Van)とは「貨物車」という意味であるが、ミニバンは乗用車であり、名称が実態を表していない。(これは元々アメリカ合衆国でダッジ・キャラバンやシボレー・アストロが登場した際に、当時主流だったフルサイズの「パッセンジャーバン」より小型という事で使われ始めたミニ・バンという名称が、日本に入ってきた際に「多人数乗車できる乗用車全般を指すジャンル」として定着してしまった為である。ちなみにヨーロッパでは同様の物を「モノスペース」「ピープルムーバー」などと呼ぶ) 。

ミニバンの商用バージョンはライトバン。一般には単に「バン」と呼ばれる。

サブジャンル

5ナンバーミニバン

ノア/ヴォクシー、セレナなどが該当。主にファミリーカーとしての利用を想定しており、背が高く箱形のボディを持ち、3列目も普通に座れる。全車スライドドアを採用、シートアレンジが豊富などのメリットがある。排気量は2000ccで基本的に5ナンバーだが、エアロ仕様で全幅が1.7mを超えるものは3ナンバーとなる。

高級ミニバン

アルファード/ヴェルファイア、エルグランドなどが該当。全長、全幅が5ナンバー枠を超え、室内が広い。いわゆる「マイルドヤンキー好み」の豪華で押し出しの強いデザインが好まれ、上位グレードにキャプテンシートを採用した車種がほとんどである。排気量は2000cc超。全て3ナンバー。

ステーションワゴン型ミニバン

車高を抑えたミニバンで、ウィッシュストリームなどが該当。スライドドアは採用しているものと、していないものがある。3列目は上記の2つに比べ狭い。そのため、3列目の乗車人数は2人である。ミニバンは車体が重く重心が高いため一般に走行性能や燃費では劣っているが、この種のミニバンは走りの良さも相応に重視しているものが多い。ストリームやプリウスαのように、同じ車種で3列シート7人乗りと2列シート5人乗りの2つのグレードがある車種もあり、ミニバンとステーションワゴンのどちらに分類するかを巡って論争になることがある。

コンパクトミニバン

全長が4.3m以下のコンパクトサイズ。シエンタ、フリードなどが該当。大半はスライドドアであり、ファミリーカーとしての使い勝手を重視している。3列目は上記の3つに比べ狭く、大人が辛うじて座れる程度の広さである。3列目の乗車人数はフリード前期型のみ3人、それ以外は2人。フリード前期型はコンパクトミニバンで唯一、8人乗りがあった。

関連項目

自動車 乗用車 ステーションワゴン
ワンボックスカー トールワゴン