ピクシブ百科事典

雷条来途の編集履歴

2020-08-29 12:11:38 バージョン

雷条来途

らいじょうらいと

雷条来途とは、EL!Lighttaleの主人公である。 尚、本記事は執筆依頼提出中です!正しい情報を知っている方は執筆をお願いします🙏また、第三者の権利を侵害しないように十分注意してください。

プロフィール

性別男性
誕生日???
出身地地下帝国
身長???


概要

科学都市のとある高校に通うレベル1(低能力)の平凡な(?)男子高校生。
父はW.D.ガスター

ボサボサした白髪が特徴で種族はスケルトンと人間のハーフである。片目が黒い。また、スケルトン兄弟の次男である。彼の愛用している青いマフラーと青い特殊な模様が付けられたパーカーは兄からもらったものである。
また、超能力や魔術などの異能の力を無効化させる右手「幻想崩し(イマジンダウナー)」という原点能力(生まれ持った特殊能力能力)を持っている。
原点能力のレベル(強さ)はlevel0であり、
後天性で得た能力も総合して多重能力(マルチスキル)として判断した場合はlevel0~1である。

人物

かなり不幸で、いつも何かしらの不運に見舞われる。
性格はお人好しで困っている人を見捨てられない。

幻想崩し(イマジンダウナー)

超能力や魔術などの異能の力を無効化させる右手「幻想崩し」という原点能力(生まれ持った特殊能力)を持っている。

ただし効果が適用されるのは右腕の手首から先だけであり、攻撃力が皆無、銃や通常兵器などには無力、常時発動する異能には効果がなかったり、異能の定義が曖昧だったり、あまりにも膨大な量を受けると処理が追いつかなくなるなどの欠点も多々ある。
だがそれでも異能の力に対してはとても強力である。
イマジンダウナーつよい

後天性能力


サイコキネシス─LEVEL2

決意操作─LEVEL3..?

現実改変─LEVEL???
(決意操作にふくまれる)

身体能力

第2章一話のゲリラボス戦にて、ゲリラボスが投げてくる炎を連続で避けていたり、二話にて来途が帰ろうとするところに、霧坂理琴が気絶するレベルの電撃を打ったが、それをすぐさま察知して避けたりと反射神経はよさそうである。
また、第2章一話のゲリラボス戦の決着も来途がゲリラボスの顔面を殴ったときに、ゲリラボスが吹っ飛んで気絶したことから、パンチ力は強い部類に入ると思われる。

頭脳

執筆依頼提出中!

対人関係

執筆依頼提出中!

記憶喪失

禁書目録の魔道書図書による最後のあがきで来途は記憶を消されてしまう。イマジンダウナーは神の加護や運命の赤い糸…はたまたは運命にも捕らわれない特殊能力だが、記憶の消滅はどうにもできなかったようで、人物に関する記憶(例えば顔や声、その人と過ごした記憶)や自分の記憶などの消滅は免れなかった。

その他

執筆依頼提出中!

関連イラスト

https://www.pixiv.net/artworks/80889554

別名・表記ゆれ


関連タグ


この記事のカテゴリ