ピクシブ百科事典

ノートパソコンの編集履歴

2020-08-30 11:51:56 バージョン

ノートパソコン

のーとぱそこん

ノートパソコンとは、二つ折り形状で持ち運び可能のパソコンのこと。

概要

表示装置のモニタキーボードやポインティングデバイスなどの入力装置、バッテリー(電池)などがコンピュータ本体と一体化され、ユーザーが任意の場所へ移動させて利用する(持ち運ぶ)ことを前提として設計された、2つ折りで軽量のパーソナルコンピュータの総称。

なお、ノートパソコンは和製英語である。英語ではnotebook computerとかlaptopと呼ばれている。据え置きで使うパソコンはデスクトップパソコンと呼ばれる。

歴史

世界初の持ち運びできるコンピュータは1975年のIBM 5100だったが、これはCRTを内蔵しており、折り畳み式ではなかった。フラットパネルディスプレイを内蔵した現在のノートパソコンの原型は、1982年に発売されたGrid Compassである。1989年に東芝から発売されたDynaBookは19万8000円という画期的な低価格でノートパソコンの市場を確立。そしてその翌年に登場したアップルのPowerBookは、キーボードの手前にパームレストとポインティングデバイス(当時はトラックボール)を配置するというその後のノートパソコンの形態を決定づけた。

2000年代以降は、コンピュータ部品の小型軽量化と低消費電力化が進み、ノートパソコンが市場の主流になっている。

関連タグ

モニタ キーボード タッチパネル 和製英語 ChromeBook MacBook