ピクシブ百科事典

比翼鳥の編集履歴

2020-09-21 07:53:10 バージョン

比翼鳥

ひよくちょう

中国の伝承に登場する二羽一組で空を飛ぶ鳥。夫婦の仲が睦まじいことの象徴とされる。

概要

古代中国の地理書『山海経』に記載される怪鳥

結匈国に生息する赤青色をしたマガモに似た姿をしており、目と翼が左右どちらしかないので、雄鳥と雌鳥が隣り合って互いに飛行を支援しなければ飛ぶことが出来ないとされており、そのことから「比翼連理」という言葉が生まれたという。

そんないわれがある鳥なのだが凶鳥ともされている様で、こらが現れると洪水が起こるといわれている。

ちなみに比翼鳥の仲間には蛮蛮鶼鶼という鳥がいる。

そのほかのことについては比翼の鳥/比翼連理の記事も参照されたし。

関連項目

山海経 比翼連理
狼と狽→性質が似ている所がある。