ピクシブ百科事典

シャーリー・メディスンの編集履歴

2011-11-09 06:34:58 バージョン

シャーリー・メディスン

しゃーりーめでぃすん

シャーリー・メディスンとは、森薫の作品『シャーリー』の登場人物である。ここでは彼女に加え、漫画「シャーリー」についても記す。

森薫嬢のメイド愛(と、とある宅配少女とのインスピ)から生まれた、黒髪おかっぱ13歳少女メイドさんである。

漫画「シャーリー」

森薫が「エマ」を連載する前に描いていた、同人発のメイド漫画。
後に、森薫が過去に描いたメイド漫画をひっくるめてBeam comixより単行本化された。

「モナ・リザ」の愛称で喫茶店を営むも、自宅の掃除まで手が回らない女主人ベネット・クランリーの元へ、彼女が貼り出した家政婦募集のを持ったシャーリーが訪れる所から話が始まる。
両親はおらず、天涯孤独の身だったせいか表情にやや乏しいながらも、炊事に掃除では目を見張る働きを見せるシャーリーと、良家育ちで気さくなベネットの二人の交流を通じて、シャーリーの日常が綴られていく。

主人公シャーリー

とにかく萌えるかわいい
仕事に関しては頑張り屋で実直。起きないベネットのシーツを引っ張って起こしたりもする。
13歳とは思えない献身さを見せる。
そして、普段は表情に乏しいのだが、ちょっとした所で喜ぶ・驚く・憧れるなど、見た目に反して感受性は豊か。
喜怒哀楽にころころと気持ちを転がされるシャーリー。
少女好きの紳士淑女は身悶え必死の健気さが魅力的な少女である。

その他

どういうわけか孤独のグルメ」の二次創作によく登場する。
その辺の事情については井之頭五郎を参照。

関連タグ

メイド おかっぱ