ピクシブ百科事典

アルトラパンの編集履歴

2020-12-25 02:43:08 バージョン

アルトラパン

あるとらぱん

スズキが生産販売する軽乗用車。

概要

2002年に販売を開始し 2015年には3代目モデルが登場している。
車名はウサギフランス語名「Lapin」から取られた。

アルトをベースとして開発されているが、女性ユーザーをかなり強く意識したデザインとなったため販売戦略上単にラパンと呼ばれる事が多い。
スローライフ」をコンセプトに、「くつろぎ」「ゆったり」「過ごしやすい」ことを念頭に企画され、デザインに重点を置かれていることは内装・外装ともに一目瞭然である。

初代はアルマイト弁当箱をイメージした丸みのある外観や、インストルメントパネルのアナログ時計(タコメーター非装着グレードのみ)などレトロ感覚のデザインを売りにしていた。
2代目以降はよりモダンな外見となり、ボディーカラーも内装も淡い色を中心に豊富に設定されている。

初代は男性もある程度意識しており、ターボエンジン仕様のスポーティグレード「SS」も追加設定された。
男性ユーザーから一定の支持はあったものの2008年登場の2代目には設定されず、2015年登場の3代目に至っては完全に女性向け化したとされている。

マツダにはスピアーノとして初代がOEM供給されていた。
競合車種としてムーヴラテミラココアがあった。

メカニズム

エンジンは水冷直列3気筒K6A型である。
・54馬力のVVT付き自然吸気仕様
・60馬力のインタークーラー付きターボ仕様(現在は廃止)
・64馬力のインタークーラー付きターボ仕様
の以上3種類が存在する。

変速機は初代が4速ATと5速MT、2代目が4速ATとCVT、3代目がCVTと5速セミATである。
初代はコラムシフト構造(ターボモデルのみロックアップ機構を備える)であるが、初代SSグレードのみフロアシフト構造の5速MTを選択する事ができた。
2代目以降はインパネシフト構造である。

関連項目

SUZUKI 乗用車 軽自動車
アルト(スズキ) ワゴンR