ピクシブ百科事典

X-TALEの編集履歴

2020-12-31 18:49:15 バージョン

X-TALE

えっくすてーる

X-TALEとは、Jakei氏によって制作されたUndertaleの二次創作(AU)漫画作品。作者のTumblr・YouTubeにて連載され、現在は最終話まで公開されている。また、作品の続編としてUnderverseが同氏のYouTubeにて公開中となっている。

【注意】この記事には「Undertale」また「Underverse」のネタバレが含まれています。

概要

jakei95(Jael Peñaloza)氏によって制作された、RPG「Undertale」の二次創作(AU)漫画・アニメーション作品となっている。漫画版は作者のTumblr・DeviantArtにて公開され現在は最終話まで公開されている。アニメーション版は作者のYouTubeチャンネルにて公開され、現在はエピソード0~X(10)の十一話構成で同じく最終話まで公開されている。

アニメーション版はコミック版とは別視点で物語が描かれており、コミック版の物語・情報を補完する内容となっている。そのためアニメーション版では物語全体の話の流れが把握できないので、先にコミック版と作者が公開したキャラクター設定を読むことを推奨される。

また続編となるアニメーション作品「Underverse」がYouTubeにて公開されており、現在も制作中となっている。また物語以前の話である一人の老人ある人物の出会いを描いた「The Truce(休戦)」というコミック作品が存在するが、作者によって削除され現在閲覧できない状態になっている。しかしファンによるアフレコ動画が存在するため、そちらで内容を知ることができる。

作品のほとんどの文章が英文だが、有志による日本語訳・YouTubeでは日本語字幕が存在するため安心して見ることができる。


ストーリー

フリスクがバリアを破壊しモンスター達が地下から解放され、ニンゲンとの間に平和が戻った世界。(またアズリエルも存命。)
だが、子供の姿のまま成長しないフリスクは一部の人々から不審に思われていた。
そんな幼馴染を守るために、サンズとパピルスはロイヤルガードとなるべく訓練を受け、晴れてその一員となることができた。
世界平和の象徴となったフリスクと共に幸せな時間を過ごしていたサンズだったが、ある日謎の子供に傷を負わされ意味深な言葉を投げかけられるという不思議な夢を見る。

登場人物

X-Tale

X-taleの世界は色彩が無い。「色」のあるものは血液や一部の草花、装飾品などに限られていて、それ以外の景色や人物の色は全て白と黒の濃淡で表されている。
これはX-taleのキャラクターが他のAUを訪れた際も同じで、違う世界に居るからと言って彼らにも色が付くわけでは無い。

キャラクター設定

ファンからの質問によって登場人物の誕生日と身体年齢(実年齢ではない)が明かされた。
詳細は作者のTumblrに記載されている。
キャラクターの身体年齢
誕生日
X-taleの主要なキャラクターには、出来事が起こったそれぞれの時間軸にちなんでX-taleの創作者からナンバーが割り振られている。
それぞれのキャラクターに与えられたNo.は以下の通りである。


Xフリキャラ



設定画 1 設定画 2
NO.Ⅶ
ある日、地下世界の遺跡で発見されたニンゲンの子供。アズゴアとトリエルの養子となり、アズリエルと義理の兄弟になる。その後、バリアを破壊してモンスターを地下世界から解放した。
20年もの間成長せず(地下世界で6年、地上に出てから15年経過している)幼いままなので、一部の人々から不審に思われていた。
性別が決められていないUndertaleのフリスクとは違い、X-taleのフリスクは男性である。




設定画
NO.Ⅹ
まだ幼い頃、地下世界へ落ちてきたフリスクと出会う。他の人との接触を禁じられていたため、フリスクが最初の友達となる。成長しないフリスクが不審に思われ迫害されるのを守る為、ロイヤル・ガードとしての訓練を受ける。

扔高清😂x爹x天界传说sansxgaster



設定画 1
サンズとパピルスの父親。
時間軸に関する何らかの研究をしているようだ。

Xtale!Alphys



設定画
XGasterの付き添い人、研究にも協力している。


X-Tale Chara



設定画 1 設定画 2
NO.Ⅵ
サンズの夢に出てきた謎の子供。
夢の中で意味深な言葉を残す。

NO.Ⅰ
設定画 1 設定画 2

NO.Ⅱ
設定画

NO.Ⅲ
設定画

NO.Ⅳ
設定画

NO.Ⅴ
設定画

NO.Ⅷ

まとめ3



設定画

XTALE Ⅸ - Papyrus



設定画
NO.Ⅸ
サンズの弟。兄と同様に幼いころは他の人との接触を禁じられていた。
幼なじみで親友のフリスクを守る為に、サンズと共にロイヤル・ガードの訓練を受ける。


Inktale

ink!sans



物語の終盤にこの世界に何か起きたのを感じ、すぐさま駆け付けた。
そしてそこにいたある人物を見て苦笑いしながら事情を聞き始める。

実はX-taleにいる一人の人物と深い関わりがある。

各話リスト

アニメーション版

タイムラインタイトルリンク(YouTube)公開日
0NEW FRIENDこちら2018年9月16日
1(I)ASRIELこちら2018年10月12日
2(II)ASGOREこちら2018年11月17日
3(III)TORIELこちら2018年11月19日
4(IV)MUFFETこちら2018年12月17日
5(V)UNDYNEこちら2019年6月20日
6(VI)CHARAこちら2019年7月9日
7(VII)FRISKこちら2019年8月4日
8(VIII)METTATONこちら2019年9月15日
9(IX)PAPYRUSこちら2019年12月15日
10(X)CROSSこちら2020月4月25日
総集編THE MOVIEこちら2020年9月11日


コミック版

タイトルXTALE TIMELINE X
公開日2017年2月20日~2018年3月18日
ページ数160ページ
リンク(DeviantArt)英語版スペイン語版


オリジナルサウンドトラック

主に作者Jakei氏の夫であるNyxTheShield氏が作曲を担当している。

エピソード

OSTリンク
タイムライン2(II)~9(IX)こちら
タイムライン10(X)こちら
The Movie - Closureこちら


キャラクターテーマ

キャラクタータイトルリンク
XアズリエルAmbitions & Illusions(野望と幻想)こちら
XアズゴアKaiser herz(皇帝の想い)こちら
XトリエルHalcyon(幸福)こちら
XマフェットInsurrect(反乱)こちら
XアンダインVanquisher(勝者)こちら
XキャラOverwrite(オーバーライト)こちら
XフリスクDuplicity(二枚舌)こちら
XメタトンGuardian Automata(機械人形の守護者)こちら
XパピルスDeceit(偽り)こちら
Xサンズ(クロス)Cross Theme(クロスのテーマ)こちら
XアルフィーSigma Signal(シグマシグナル)こちら
XガスターRekindle(再燃)こちら


関連作品・番外編

Underverse

同作者Jakei氏によって制作・公開中の「X-TALE」の続編となるアニメーション作品。ただし「Underverse」は単なる作品名であり、AUとしての名前ではないと作者が名言している。
主に「X-TALE」のキャラクター・ストーリーを主軸として物語が展開するが、同じくUndertaleの二次創作である他AUとのクロスオーバー作品でもある。
2018年2月6日に第一話となるエピソード「0.0」が公開され、その後に公開された「0.4」までが「シーズン1」となっている。現在は「シーズン2」を制作しており、シーズン2はプロローグの「OWNERS」・「0.5」までが公開されている。

The Truce(休戦)

Jakei氏が2016年12月8日に公開したコミック作品。X-TALEとUnderverseの前日譚となっている。ただし掲載されている内容のままでは、詳細な情報が足りない・無駄なエピソードが存在する・両方の物語に矛盾が生じてしまうため、現在は作者によって削除され閲覧できない状態になっている。作者は「描き直すつもりはない」と明言しており、代わりとなる別の漫画を描く予定もないという。
物語の重要な部分となるインクエラーの「停戦の契約」はアニメーション作品の「Truce」、そしてインクと一人の老人の出会いはX-TALEの「タイムライン0」にて描かれている。またファンによるコミックのアフレコ動画が存在するため、そちらで作品の内容を知ることができる。

XTale!Chara Adventures

Jakei氏が2017年4月23日~2017年9月12日の期間に作品専用Tumblrにて連載していたコミック作品。また現在作品はTumblrごと削除され閲覧できない状態になっている。チャプター1は全7話・チャプター2は2話のみ制作・公開された。
Underverse」の舞台裏を描いた作品であり、主人公のエックスキャラが仕事以外の時間で様々な出来事に巻き込まれるストーリーとなっている。また撮影現場としてUnderverseStudios(略 UVSスタジオ)というスタジオが登場したり、他の登場人物の舞台裏が描かれている。

XTALE FRISK AND CHARA'S SHOW

Jakei氏によるアニメーション作品。主にYouTubeにて視聴することができる。ギャグ要素が入った作品となっており、大人の姿となっているエックスフリスクエックスキャラを中心にストーリーが展開していく。
また姿は見えないものの、大勢の人々が作中の登場人物行動漫才に反応し、笑い声や驚くような声を出すことから漫才にも近いかもしれない。テーマに一貫性はなく、他キャラクターも一部登場し、Glitchtaleのフリスクとキャラもワンシーンだけ登場している。
パート12019年1月1日パート22020年1月30日に公開された。

タイムライン 11(XI)

2019年4月1日に公開されたJakei氏によるアニメーション作品。主にYouTubeにて視聴することができる。本編の時間軸とは全く無関係の作品であり、公開された日付も相まってエイプリルフールのネタ動画となっている。
前半は何とエックスガスターによる自身の妊娠の報告から始まり、自身の息子でありXフリスクXキャラの弟(義弟?)となる「XI(11)」についての話となっている。後半ではこの話についてのXアルフィーのナレーションとなり、「X-TALE」作品の関連商品の宣伝も含まれた。
またXアルフィーもこの件については「冗談を言っているだけだと願っています。」と発言している。

関連タグ

Undertale UndertaleAU Inktale
XGaster X!Frisk X!Chara Ink!Sans X!Alphys Cross!Sans
X!Asriel X!Asgore X!Toriel X!Muffet X!Undyne X!Mettaton X!Papyrus

関連リンク


ネタバレ

注:この項目はX-taleのネタバレを含みます。

「X-Event(エックスイベント)」とは?














X-Eventとは、???のタマシイを所有する存在に与えられる称号。???の基本実験。フリスクの体とキャラのタマシイ。
創造の目的は、ケツイの力を持つニンゲンに上書き能力で???のために新しいアイデアを生み出し、X-taleの世界に新しい何かを作りだす為の道具のようなものである。
???のタマシイの力のおかげで、「OVERWRITE(上書き)」を使える。しかし、「ニンゲンの体」で最大限に働くことができるように???がプログラムしたため、「モンスターの体」ではOVERWRITE(上書き)が使えない。
X!FriskとX!Charaは実験によりX-Eventの試作品として作られ、Cross!Sansは彼らのタマシイを取り込むことで後天的にX-Eventとなったが、上記の理由によりCross!SansはOVERWRITE(上書き)の力を使用できない。

過去の時間軸















物語開始以前からこの世界は何度も「OVERWRITE(オーバーライト=上書き)」されており(RESETとは違う能力)、すでに10番目の時間軸である。時間軸そのものを書き変えているので、この世界に存在する時間軸はひとつしか存在しない。それ以前の1〜9番目、および10番目の時間軸のストーリーは、同じくJakai95氏によってyoutubeでアニメが公開されている。



  • タイムライン NO.1
穏やかで平和な世界であったが、「もっと良い世界にできたのでは?」という考えにより???によって「上書き」された。



  • タイムライン NO.2
幸せすぎる生活を面白くするという???の試みで、アズゴアやサンズを死なせてしまう。



  • タイムライン NO.3
以前Ink!Sansに見せてもらったUnderswapを模倣して作られた3番目の時間軸。



  • タイムライン NO.4
地下世界が解放されて数年間は平穏だったが、???の好奇心による実験で、フリスクを上書きして虐殺ルートを開始する。



  • タイムライン NO.5
前回の時間軸での出来事に対する???からの「しつけ」として、フリスクとキャラは住民から迫害を受けていた。



  • タイムライン NO.6
*ケツイ


  • タイムライン NO.7
原作のフリスクのタマシイは死を拒絶する特性を持つ(アズリエル戦にて)。並行世界のフリスクも同じ特性を持っているはすであるため、???は実験でその特性の調査を試みる。



  • タイムライン NO.8
新たな力を得たフリスクによりXメタトンが製作される。



  • タイムライン NO.9
NO.8での出来事もあり自暴自棄気味になったXフリスクは、Xパピルスと出会う。



  • タイムライン NO.X
Xxxxxxx Xxxxxxx



XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX





























































































I AM WATCHING YOU.
私は君を観察している。












































































































ENTRY NUMBER ELEVEN.
エントリーナンバー11。

AS CLEAR AS A REFLECT IN A MIRROR.
鏡に映るように鮮明だ。

I HAVE FOUND THE MOST PERFECT PROJECTION OF FORBIDDEN VISIONS.
私は禁じられた光景の最も完璧な景色を見つけた。

GET READY. YOUR TIME IS COMING.
覚悟を決めろ。その時が来る。