ピクシブ百科事典

死を招く黒の一手の編集履歴

2021-01-28 14:47:15 バージョン

死を招く黒の一手

すぺーすでっどまんずはんど

『Fate/Grand Order』のアーチャー「カラミティ・ジェーン」の宝具。

死を招く黒の一手(スペース・デッドマンズ・ハンド)



  • ランク:D
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~50
  • 最大捕捉:1人
あなたの手札を見てあげる! 天に隠せぬ悪徳なし! その手札じゃあ、わたしの勝ちね!

『Bad Luck』と刻まれた弾丸を撃ち放ち、相手の背後から頭部を一発で撃ち抜く。
真正面からの射撃であろうと、この一撃は必ず相手の背後へと回り込む。
撃たれた相手は、死のさなかに『クラブとスペードのAと8によるツーペア』のカードを幻視するという。
恋人にして戦友であった『平原の王者』ワイルド・ビル・ヒコックと同じ死に様を相手に与える絶技。

史実において、サウスダコタの街デッドウッドにて、ワイルド・ビルは酒場でポーカーに興じている最中、背後からジャック・マッコールによって暗殺された。
その時彼が手にしていたカードは、クラブとスペードのAと8によるツーペアであったという。以後、この黒のツーペアはデッドマンズ・ハンドと呼ばれている。

関連タグ

カラミティ・ジェーン(Fate) 宝具 ポーカー デッドマンズ・ハンド