ピクシブ百科事典

特記戦力(BLEACH)の編集履歴

2021-05-16 01:27:27 バージョン

特記戦力(BLEACH)

とっきせんりょく

『BLEACH』に出てくる言葉。ユーハバッハが警戒する5人の猛者たち。

概要

星十字騎士団のメンバーに「見つけ次第優先して倒すべし」と言われている5人の死神たちのこと。
但し、ユーハバッハ自身は藍染惣右介に自軍に加入するように勧誘したり、一護のことを『教育』と称して傘下に加えようとするなど、単純に殺すことを目的としているわけではないような片りんを見せている。
また、当初は護廷十三隊初代総隊長山本元柳斎重國も入っていたらしいが、『人間を慈しむようになった』ことが理由で外された。

尚、元柳斎に関しては特記戦力から外しこそしたものの、戦争において真っ先に狙い、流刃若火対策そのものはされていたりと警戒自体はされており、準特記戦力としては見ていたと思われる。
実際、浦原以外のメンバーはユーハバッハと交戦自体はしている為、ユーハバッハ自身が交戦しなければいけないほどの人物として見ていたという点では、特記戦力に匹敵する戦力として見てはいたと思われる。

メンバーと選ばれた理由

選ばれた5人はユーハバッハから何かが「未知数である」とされた者たちである。
黒崎一護:潜在能力
更木剣八:戦闘力
浦原喜助:手段
兵主部一兵衛:叡知
藍染惣右介:霊圧

このうち一兵衛以外は藍染にも警戒されていた。また、元柳斎に関しては最大限に警戒こそすれども、精神性に弱点を見出して居た。という点でも共通している。

関連タグ

BLEACH ユーハバッハ 見えざる帝国