ピクシブ百科事典

ブラック・シャドー(キン肉マン)の編集履歴

2021-05-28 00:34:55 バージョン

ブラック・シャドー(キン肉マン)

ぶらっくしゃどー

アメリカ遠征編でキン骨マンが制作したアンドロイド超人。

概要

「このブラック・シャドーは力はローデスばり、技はロビンマスク、残虐さはラーメンマン、そして頭脳はキン骨マンというウルトラ超人だわさ」(キン骨マン)

アメリカ遠征編で急遽アメリカ超人会の覇権をかけて開催の運びとなった全米タッグ選手権に飛び入りで参加を表明したキン骨マンが制作したアンドロイド超人。
ちなみに、キン骨マンの参加目的は超人協会の代表として出場する宿敵キン肉マンの邪魔とアメリカの市民権獲得である。

携帯小説『ディープオブマッスル!! キン肉マン リアルノベルズ』ではキン骨マンの研究所から走り出して荒野でバッファローの群れと相撲を取ったり、キン骨マンを中国拳法で半殺しにした後またしても研究所から走り出して五頭のグリズリーを仕留めるなど奇行が目立った。

キン骨マンの舎弟イワオとのタッグ凸凹ブラザーズでタッグ選手権に出場し、セレモニーで発生した乱闘ではよりによってパートナーのイワオを殴打していた。

第二試合で宇宙一凶悪コンビと対戦したが、先陣を切ったイワオが試合開始早々デビルマジシャンの体当たりで吹っ飛ばされ競技場の天井にめり込んで戦闘不能になりブラック・シャドーは孤立してしまった。

何もできないうちにスカル・ボーズとマジシャンに両腕をもぎ取られ、戦闘不能になったところに更に二人にロープの伸縮力を利用した首四の字固めと足四の字固めをかけられ、絶体絶命に。

リングサイドにいたテリーマンにギブアップを勧められたが、シャドーには発声機能がなかったためレフェリーにギブアップを告げられずそのまま五体バラバラにされ機能を停止してしまった。