ピクシブ百科事典

ニッポニテスの編集履歴

2021-06-09 16:24:09 バージョン

ニッポニテス

にっぽにてす

ニッポニテスとは蛇がとぐろをまいたような殻を持つアンモナイトの一種。

概要

ニッポニテス(Nipponites)は白亜紀末に現在の日本近辺の浅海に生息していたアンモナイトの一種。「異常巻アンモナイト」とも呼ばれる。

蛇がとぐろを巻いたような殻を持ち、1904年に北海道で発見された当時は奇形ではないかと考えられた。しかし後年、コンピューター解析により規則性があることが証明され、進化の結果、環境に適応するためにこの形態になったものと判った。ただし、何故この形状に進化したのかはいまだ謎である。

近縁種のユーボストリコセラス・ジャポニカムドリル状の殻を持つように進化したことから、日本近海には何かがあったのかもしれない。

日本古生物学会のシンボルマークにデザインされている。