ピクシブ百科事典

クシェル・アッカーマンの編集履歴

2021-11-30 00:47:13 バージョン

クシェル・アッカーマン

くしぇるあっかーまん

『進撃の巨人』の登場人物。

概要

地下街で「オランピア」と名乗る娼婦。故人。
王族の記憶操作の効かない一族の家に生まれる。
兄共々王政から命を狙われた彼女は迫害から逃れる際に兄とはぐれ、次に再会した時には既に地下街で娼婦をしており、さらには誰とも知らぬ客の子供を身籠っていた。
彼女は子供を1人で産み育てる決意を固めており、兄の反対も聞き入れなかった。

その後、男の子を無事出産。
しかし暮らしは困窮、さらには病にかかり、自らの一族について何も語れぬまま幼い息子を残し他界。迫害が無くなったのは彼女の死後だったため、彼女は息子に姓を教えていなかった。


回想のみの登場だがその役割は大きく、"切り裂きケニー"と恐れられたケニー・アッカーマンの実妹にして、人類最強と謳われるリヴァイの母親である。

関連タグ

進撃の巨人 ケニー・アッカーマン リヴァイ クシェル アッカーマン家