ピクシブ百科事典

鷺森灼の編集履歴

2012-05-21 06:48:13 バージョン

鷺森灼

さぎもりあらた

「咲-Saki-阿知賀編episode of side-A」の登場人物。

アニメでの声優内山夕実

人物像

阿知賀女子学院の2年生でショートボブの可愛い女の子。団体戦では副将を務める。
「麻雀部一のしっかり者」のため、顧問の赤土晴絵からは3年生の松実宥を押し退けて「部長」を任されている。


どこか名目上の部長とは偉い違いであry…

9年前晴絵がインターハイに出場した頃から彼女のファンであり、また幼稚園児の時から大人相手に麻雀を打っていた事も語られている。
松実玄の実家は旅館を経営しており、灼はここによく遊びに来ては玄・姉妹や彼女らのお父さん、果ては旅館のお客さん相手にも麻雀を打っていた。
しかし晴絵が「阿知賀こども麻雀クラブ」の先生としてリハビリしているのを良しとせず、その頃から灼も麻雀を打たなくなっていた。

高校生になった今は、実家の経営するボウリング場のフロント係などを手伝っている様子。
その所為か、気合いを入れる描写の際にボウリング用のグローブを嵌めるシーンが出るが、流石にそのまま麻雀を打つような真似は…してました。2回戦で遂にその勇姿が見られました。

「レジェンド」から受け継いだ物

赤土晴絵はインターハイ準決勝で敗退し、大きなトラウマを受けて故郷に帰ってきた。
そんな彼女達を出迎えてくれたのが灼だった。小さなファンに照れ笑いの晴絵は
サインの代わりに首に巻いていたネクタイを彼女に贈り、
「洗濯よろしくな」と言って別れたのだった。

レジェ灼



そして高等部2年生の新学期。灼は学校指定の蝶ネクタイを外し、
晴絵から贈られたネクタイを付けて麻雀部へ向かうのだった。

関連イラスト

麻雀しよう!!
咲-saki-阿知賀編


ハルちゃん…




関連タグ

咲-Saki- 阿知賀編 赤土晴絵
阿知賀女子学院