ピクシブ百科事典

ストーンエッジの編集履歴

2012-09-05 13:34:27 バージョン

ストーンエッジ

すとーんえっじ

アイアントのストーンエッジ!こうかはばつぐんだ!クイタランはたおれた!

データ

いりょく100
PP5
めいちゅう80
タイプいわ
わざ分類ぶつり
攻撃範囲相手一体
直接攻撃×
備考急所に当たりやすい


概要

初登場は第四世代。
地面から刃のように尖った岩を呼び起こし相手にブッ刺すというリアルだとなかなかエグい技。
急所に当たりやすいのも納得である。
岩タイプは攻撃範囲は優秀だが、肝心の技の威力がいわなだれの75止まりだったのもあり、岩タイプの火力不足問題の解消に大きく繋がった。
しかし、技の恩恵を受けたのは岩タイプ自身より、主力技との相性補完のよい地面・格闘タイプに取られた感がある。
実は間接攻撃なので、ゴツゴツメットやほのおのからだの影響を受けない。

欠点は命中率80とかなり不安定な数字である事。
この命中率だと余裕で2回連続外すなんて事象も普通にあるくらいで決して信用できるとは言えない。
プレイヤーの中には威力よりも安定性を取るためにあえていわなだれ(命中率90)を採用する人もいるほど。
またPPが5しかないのも結構痛い。ポイントアップなどで8まで増やすことは出来るものの、それでもやっぱり不安な数字である。

また、アイアントは4倍弱点の炎タイプは天敵のはずなのだが、高すぎる素早さと炎タイプに強いこの技を習得するおかげで天敵設定のクイタランも無対策だと1/2以上の確率であっさり返り討ちにされてしまう。このせいでクイタランは第五世代屈指のネタポケと嘲笑される羽目に。
特性はりきりならエッジの命中率が80から64まで下がるのが救いだろうか。
クイタランに限らず、岩に耐性がなく耐久面が低い炎タイプなら技が当たれば余裕で殺される。岩四倍のウルガモスリザードンなどもってのほかである。

基本的にゴツいポケモンがこの技を覚えられるが、以外にもメタグロスドリュウズは覚える事ができなかったりする。