ピクシブ百科事典

メルクリウスの編集履歴

2012-10-11 13:53:16 バージョン

メルクリウス

めるくりうす

メルクリウス(Mercurius)は、ローマ神話に登場する商業神。にギリシア神話のヘルメースと同一視される。 韋駄天メリクリウス

曖昧さ回避

Mercurius

  1. 神話に登場する神の呼称
  2. 1 を由来とするキャラクターの呼称

を指す。

ローマ神話のメルクリウス
ローマ神話の商業の神。後に、ギリシア神話でのヘルメスと同一視された。英語読みでの「マーキュリー」の方が著名。

ローマ神話に登場する商業神。英語読みマーキュリー(Mercury)でも知られる。ラールたち(ラレース)の父。祭日5月15日は商人の祝日である。 のちにギリシア神話のヘルメースと同一視される。

ユーピテルとマイアの子、神々の使者、科学・商業・盗人・旅人の守り神、翼のある帽子とサンダルを身につけ、2匹の蛇が巻き付いた杖(カドゥケウス)を持った若者の姿で描かれるなどといった、ヘルメスの性質がそのまま受け継がれている。
関連タグ:ギリシャ神話 ローマ神話  マーキュリー

キャラクターとしてのメルクリウス

神のみぞ知るセカイのメルクリウス

【神のみ】歩美と女神


漫画・アニメ『神のみぞ知るセカイ』の登場人物。女神であるユピテルの姉妹の六女。
ウルカヌス曰く「妙な術をたくさん知っている」。
後に高原歩美に宿っている事が判明。彼女が表に出てくると、肌の色(肌色→褐色)と髪色(黒→薄緑)が変化する。
人間の生き様に興味を抱いており、歩美を通してそれを観察している。


関連タグ:
神のみぞ知るセカイ
韋駄天