ピクシブ百科事典

黄金の城の編集履歴

2012-11-07 22:49:17 バージョン

黄金の城

おうごんのしろ

タイトーより販売されたアーケードゲーム(制作はセタ)。発売は1986年。

システムは横スクロールのアクションゲーム。
剣と盾を上中下段に使い分けることが重要で、攻撃を受けて鎧が剥がれた部分を攻撃されるとミスになる。
敵キャラについても同様で、鎧を剥がした部分を攻撃すれば勝利となる。

なお、中ボスとして登場する女戦士イレーネは、倒し方により鎧を剥がして戦意を喪失させることが可能。本作を語る上で欠かせない要素となっており、脱衣アクションゲーム呼ばわりされる所以である。

なお、1992年には続編の格闘ゲーム「ブランディア」がアルュメより発売されている。
このゲームにはイレーネと同一人物と思われるイリアナという女戦士が登場。
ただし、鎧を剥がされてセクシーな姿にはなるものの、脱衣自体はしない。